The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

小麦畑の準備が始まりました。

2014年04月22日

19日に種蒔きをした稲を土から出して観察したところ、白いひげのような目が数ミリ種もみから芽を出しました。

まずは、無事に発芽し始めたようです。まず第一段階安心という気分です。

ただ、一日のうちで気温が0度から15度くらいの間で寒暖の差が激しく、ハウスの温度管理に気を使います。

ハウス内気温は、最大でも38度くらい。地温で28度くらい。これを上限に調整します。

①ハウスの窓をあげて、風を通す(開け具合で調整もします)

②散水シャトルでシルバーの保温シートの上から一往復の散水で気化熱で下げる

通常はこの方法①をして②をしてと、調整します。

それでも温度が上がる場合には、シルバーの保温シートをはがすこともあるそうです。

やはりここは、経験の長い指導役の観察と判断が頼りです。

 

一方、畑では小麦をまく準備が始まりました。

???????????????????????????????????????????????????????????????

トラクターにプラウをつけて、畑に入ります。

効果は、地表から深い部分の土と地表面の土を反転させるというか、

深い土を地上に、地上の土を深くに回転させるというか。とにかくよくできた道具です。

???????????????????????????????????????????????????????????????

右が使用前、左が使用後。乾燥した地表面が裏返り、湿った地中の土が見えています。

深さが一定になるように気を配りながら進んでいきます。

RIMG1724

ラインの乱れは、心の乱れ。

運転しながら、脇見をしたり、飲み物に手を伸ばしたり、電話が鳴ると確実に乱れます。

???????????????????????????????????????????????????????????????

トラクターの運転席からの眺め。いかにも北海道の農業という景色です。

本日は、ほぼ一日かけて1・5町ぐらいの作業ができたでしょうか。

一番外の外周部や狭い部分は指導役にお願いして、やりやすい部分だけでの仕事量。

上達して、もっとはかどる様にしたいものです。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

そういえば、連日のハードな使用で皮手袋に穴が開きました。

まだ購入して10日くらいだったのに・・。厚手のハードな手袋にしないとだめかも。

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 小麦畑の準備が始まりました。