The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

栗の木にワラを敷く

2015年06月15日

春先に栗の木を畑に植え付けていました。

田の作業がいろいろあり後回しになっていましたが、

栗も作業を進めないといけません。

 

DSCF3015

去年の秋に田んぼから取り出したワラのロール。

DSCF3016

これを 栗畑に運びます。

トラクターのフロントバケットで運ぶようにしましたが、

ワラロール自体が腐り始めているため、結局は人力に頼る作業です。

DSCF3019

栗を植えた畑に運んでいき、植えた栗の木のそばに置いていきます。

その後、地面をカバーするようにワラを敷き詰めていきます。

ちなみに、写真では栗の木がわかりにくいですね。

DSCF3025

こんな感じです。

野菜畑でワラマルチで地面を覆う方法の大規模版のイメージですね。

地面の乾燥防止や雑草対策、ワラの堆肥化などの効果を狙っています。

 

ちなみに、ワラといっても一冬おいて水分を吸っているのでかなりの重さ。

人力での作業は、きつかった・・・。久しぶりに手の豆をつぶしましたよ。

 

結構大変な作業ですが、まだ結構残りがあります・・・。

しかも、この栗の木栽培、植えた木の大半が冬を越せないという話も聞くので

どういう結果になっていくのか。ぜひ頑張ってほしいぞ!栗!

 

 

~おまけ~

DSCF3017

キノコ発見。

自然発生していました。キノコ栽培を目指しているわけではありません。

農場ブログ

2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編
1/5
北海道新聞に掲載していただきました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 栗の木にワラを敷く