The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

包装機 試運転中

2015年09月10日

お隣の田んぼで、一番早い稲刈りが始まりました。

多分、栗山町で一番早い稲刈りでは、ないでしょうか。

 

そんな中、The北海道ファームにお米の包装機が納入されています。

DSCF3729

メーカーの方が来られて、据付から試運転、使い方講習と行っています。

精密機械なので、なかなか難しい。

 

で、この包装機。素晴らしい機械です。

なんというか、衝撃的。日本の機械の素晴らしさを目の当たりにしているというか。

文章力がないので、伝えきれませんが感心しきり。

最新農業機械のハイレベルさにも驚きがありますが、この機会も負けず劣らず。

 

DSCF3738

ビニール袋を持ち上げて、袋の口を開きます。

 

DSCF3737

あらかじめ設定した量のお米を 一瞬で袋に入れて

※重量の誤差が300gで2gとかの驚異の正確性。僕をはるかに上回る几帳面さ!

 

DSCF3731

袋の底をトントンとたたいてお米の収まりを調整。

その後、袋の中に窒素ガスを封入します。

作業が早すぎて、カメラがついていかない・・。

 

DSCF3733

最後は、密封されて機械から次々出てきます。

 

はい、完成品です。

DSCF3730

手前左が窒素ガス充填の2合パック。

右は、真空状態の2合パック。

パック内の酸素濃度が0.1%以下(通常大気中は20.6%程度)なので

お米の鮮度 長時間キープ!精米したてのお米がいつでも食べられる!

 

なんだか、色々すごすぎてまとまりがつきません。

きちんと設置されて、使えるようになったら、また詳しくご紹介します。

とりあえず、すごいぞってことで。

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 包装機 試運転中