The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

耐寒試験中?

2015年11月30日

ここ数日、冷え込みがきつくなりました。

また一段階、真冬に近づいてきたような気がします。

 

という事で、出勤時の作業場の気温は、

DSCF4445

室温マイナス5.5度!マイナスですよ!マイナス!

温度計にマイナス表示があるなんて、北海道に来るまで知らなかった・・・。温暖な千葉。

 

という事で、作業着を変更しました。

衛生白衣のつなぎでは、暖房の全くない作業場内の寒さに対応しきれませんでした。

DSCF4453

オレンジの耐寒つなぎ服。

多少は、寒さが和らぎます。

DSCF4467

作業所内専用の制服なので、お揃いです。

林社員いわく「NASAですか?」

いや、たまたま安かったしおしゃれだから。黒ではつまらないし。

それにオレンジ色にしておけば、千葉の本部のオレンジ色が好きなMさんが喜ぶから。

「誰にでもできる、座ってできる軽作業。勤務時間は8時から18時休憩あり」という事で

応援に来ませんか、Mさん・・・。オレンジのつなぎを用意して待っています。

北海道いいですよ。多少寒いけど。

 

さておき、ここまで温度が下がってくると予想外の事態が色々と出てきます。

DSCF4454

どうも、低温すぎて圧縮空気を使う機械の調子がいまいち。

特に朝の立ち上がりが、不具合が出やすく苦戦します。

「低温すぎて、空気圧ピストンが想定外の圧縮不足かも・・」

メーカーの方と連絡を取りながら、調整作業をしてみたり。

ある程度、日中気温が上がる(それでも5℃とか)と、調子が出てくるんですが。

 

という事で、こちら。

DSCF4478

機械の作業室内に、暖房機を設置。

1枚上の写真で覗き込んでいる機械の中です。

多少は温度が上がって機械の作動状況がよくなるはず。いや、なってください。

この際、人間の寒さは別にして機械が動いてくれないとまずいわけです。機械優先!

 

人間のほうも、あまりの寒さに機械の調整や細かい作業で

手がかじかんで作業に支障が出てくるので。

DSCF4479

とりあえずのヒーターを配置。手がかじかんだときに、暖めるくらいはできます。

もちろん作業場全体を温める効果はありません。天井高すぎなので。

 

予想どおり、冬の寒さで色々と問題が出てきています。

12月後半になると、さらに寒くなるし、いろいろと問題が勃発しそうな気がします。

数か所予想はしているんですが、果たしてどうなることか・・・。

意外に なんでもないで済んでほしいですが。

 

 

 

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 耐寒試験中?