The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

ハウスの片づけ

2016年05月31日

2016モンドセレクション金賞受賞の「北海道水芭蕉米」を作っている

The北海道ファームです。→詳しくはこちら 真面目にお米を作っています。

 

久しぶりに雨模様のThe北海道ファームです。

田植え後の初雨なので、田んぼの水位が心配でH社員が走り回っています。

できれば、この雨を利用して水深を7cm程度にして、除草剤の散布の準備をしたいところですが、

深くなりすぎると苗が完全水没するので、頻繁に調整をしています。

 

田植直後は、苗の背丈も低いうえに、各田んぼの傾向の理解も浅いので色々手がかかります。

少し慣れてくると「あの田んぼは、3日に1回で一晩入れればだいたいOK」とか

「この田んぼは、手前の所が一番浅いから、そこで水深を見ればOK」など

田んぼの傾向が見えてくるんですが、まだ、そこまで傾向が見ぬけてないです

 

で、田植えが終わると春作業の山場は超えましたが、片づけ作業が始まります。

ハウスは、早いところ片づけないと 強風で破損など余計な事故を招きます。

DSCF5410

ハウスの扉を外しています。スタッフと比べるとその大きさが判ります。

風があるとあおられて危険なので、風の弱い時を狙っての作業です。

 

DSCF5422

色々、部品を外しています。

ハウスは5棟あり、各40M程度の長さがあります。

部品点数が多いので結構手間がかかります。

 

DSCF5421

だいぶ解体が進んできました。ここまで数日かかっています。

ここまでくれば、強風でハウスが壊れるとかいう心配事もなくなりホッと一息です。

 

この片づけ作業は、非常に重要な作業です。

ここで解体しながら破損部分の修理、部品の再利用の可否、

部品の仕分けと保管などなど、整理整頓を完璧にしたい作業です。

 

ここで、きちんとしておかないと来年の春ハウスを組み立てる時に

「あの部品がない~」「ここ壊れてる~部品を買ってこい!」など余計な手間がかかります。

そんなことで作業が遅れて、予定が遅れていき大事になります。

そう、この片づけ作業こそが、来年の作業の準備なわけです。

 

「片づけの徹底」こそが、効率的な作業の基本ですね。

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → ハウスの片づけ