The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

代かき作業

2016年05月17日

2016モンドセレクション金賞受賞の「北海道水芭蕉米」を作っている

The北海道ファームです。→詳しくはこちら

 

晴れの日が続いて作業が進めやすくて助かります。

ただ、昨日は低気圧の影響で強風が吹き荒れました。

DSCF5318

The北海道ファームの田んぼも入水作業が進んできました。

 

という事で、代掻きの1回目を始めています。

DSCF5327

幅5mの代掻きハロー!

折りたたまないと通路を走行することもできません。

というより、シャッターの幅よりも多きいので車庫から出てこれない。

 

DSCF5319

田んぼを一枚づつ代掻きしていきます。

少々、水が入りすぎていて加減がよくわかりません。

いわゆる「トロトロ、代掻きすぎ」状態な気がします。

この辺の加減が、難しいところです。

失敗すると田植え後の稲の初期生育に影響が出てしまいます。

極端に言えば、地面がトロトロだと植え付けた苗が

すべて水面に浮きあがるという悪夢のような状況もありえます。

 

DSCF5321

ハローで代掻きをしていきますが、やっぱり水が多すぎて地面の様子が見にくい感じです。

この水加減が毎回頭を悩まします。

あまりこだわってもいられないので、ソコソコで進めざるおえない場合もあります。

この後、2回目の仕上げの代掻きもあるのでその時に修正するという事で・・・。

 

DSCF5326

左が代掻き後、右が代掻き前です。

 

「あ、失敗」

DSCF5323

代かきは、基本的に一筆書きで進んでいきますが、

ハローの幅と田んぼの幅の目測計算を誤ると、

こんな感じで微妙に代掻きしていない場所ができてしまいます。

わずか数十cmの幅の代かき残りを5m幅のハローをかけるという行為。

ほぼ2重にかけるようになってしまうので、代掻き過ぎ状態を招きやすいです。

 

田植の時期も迫っているし、気忙しい感じで作業が進めています。

ちなみに田植えは20日からの予定ですが、実は苗が追い付いていないような・・・。

育苗30日目ですが、草丈が8-9cm。

目標は12cm前後なので20日には仕上がらないかも。

 

 

【おまけ】

ウォーリーを探せコーナー

http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/docs/2016051600067/

栗山町の東京栗山会の記事にあの人が!

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ