The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

初めてのバス移動

2017年01月20日

2016モンドセレクション金賞受賞の「北海道水芭蕉米」を作っている

The北海道ファームです。→詳しくはこちら

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

さて、千葉県の本社に行ったわけですが、

新千歳空港で初めてのバス移動を経験した話です。

 

The北海道ファームと十全社のスタッフが、北海道と千葉県を行き来するのに

使用している航空会社は、ほぼスカイマークです。

年間通じてかなりのスタッフが行き来するので、移動コストもバカになりません。

わたくし栗原も年に数回乗りますし、一番多いときには月に4往復という事もありました。

 

そんなスカイマークに久しぶりに乗ったら、初のバス移動にあたりました。

DSCF7481

あの、遠くの駐機場に止められている飛行機が今回乗る飛行機です。

 

新千歳空港には、1回にも出発ロビーがありまして、そこからバスで駐機場まで移動です。

DSCF7483

バスが、きましたね、スカイマーク職員の方が運転誘導などしています。

 

DSCF7484

駐機場の飛行機の下まで来ました。

飛行機がまぢかで見れて、結構好きです。

普段は入れないところにいるワクワク感もあります。

ここから、滑走路に向けて全力で走り出したらテロ事件ですね。

もちろんそうできない様に警備員の方が見ていましたが、寒くて大変そう。

 

ここでバスを降りてタラップで飛行機に乗ります。

DSCF7485

スカイマークのタラップですね。

当然駐機場は外なので、非常に寒いです。

マイナス5℃くらい滑走路からの冷たい風が印象的です。

 

今までは、ボーディングブリッジでしか乗ったことがなかったので新鮮な感じです。

 

飛行機を、本当にまぢかで見れるのも、おもしろいですし。

 

まぁ、実際は駐機料の節約とか色々とわけがあるんでしょう。

スカイマークはこの搭乗方法が、普通になるのかもしれません。

それでも、運賃は安い方がいいのである意味ありがたいですね。

 

ついでに余談ですが、以前に林さんが

「JALは、緊急時の酸素マスクの案内がビデオだけど、

スカイマークは、実際にCAの人が実演するからスカイマークの方が丁寧だ」と、

言っていました。確かに、そのとうりだと思います。

サービス業的には、ビデオで案内よりもスタッフが実演してご説明の方が、いいサービスです。

 

確かに本社の、葬儀業、十全社でもご焼香の案内は、必ずスタッフがしています。

もしビデオで焼香の案内をしていたら、手抜き感がありますよね。

 

航空会社の違いから、サービスの色々を考えてしまうあたり、

さすが究極のサービス業と言われる葬祭業のスタッフですね。

 

 

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 初めてのバス移動