The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

いざ本田作業

2017年05月04日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

5月にはいると、晴れた日が続きようやく田んぼに入っての作業ができるようになりました。

The北海道ファームの田んぼの作業はじめは、心土破砕(しんどはさい)です。

なんだかものすごい字面ですね。

 

サブソイラというナイフのような作業機をトラクターで引っ張って、

田んぼの地面に切り込みを入れ、

同時に砲弾型の重りを土中で引っ張って土中に空間を作っていきます。

 

田んぼの、水はけを良くするための作業で、

今年の秋までの田んぼの水の調整をやりやすくするための作業です。

高品質なお米を作るには、水のコントロールは非常に大事、

おいしいお米作りには、欠かせない作業です。

 

この作業のトラクターの推奨速度は時速で1km~1.5km程度。

ゆっくり走らないと、作業の効果が減少します。

気分的には、ガンガン行きたいところですが、

ここはじっくり、我慢の作業。丁寧な作業で進めていきます。

 

きちんと、狙った深さで溝ができているか?

深さを測る道具で測ってみると、だいたい30㎝位になっています。

 

 

田んぼを耕すロータリーでは、耕さない深さなので、

時には、こんな物が引っかかってきて出土します。

木ですね、長年田んぼの土中に眠っていた木材です。

一種の 埋もれ木と言えるでしょうか。

水洗いして何かに使えないかな、なんて考えてしまいます。

 

さておき、春の本田作業、いよいよ本格スタートです。

 

~お知らせ~

YouTubeのThe北海道ファームチャンネルは、こちら。

https://www.youtube.com/channel/UCMHHwkdCIE9N3PxMSq0L0Vg

動画でも、養鶏と稲作の様子をお伝えしていくのでチェックしてくださいね。

 

 

 

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → いざ本田作業