The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

片づけは準備なり

2017年05月30日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

「田植が終わり、ホッと一息ですね」と言われますが、

むしろますます忙しくなってきたThe北海道ファームです。

と言うのも、応援のスタッフもいなくなり、

林さんと二人田植え後の片づけ作業を進めているからです。

ハウスのビニールをはがして、捨てるもの再利用するものを分け

再利用するものは、折りたたんで荷札を付けて収納します。

捨てるものも、かさばるのできちんとまとめてロープでしばり、

ビニールとポリで分別して・・・・・・。

 

ハウスのバンドは絡まない様に、束ねて本数を数えて長さ別に収納します。

これが、案の定こんがらがってイライラするわけで。う~ん。

 

ハウスのビニールを止めるパッカーもサイズ別に分別して収納します。

 

まぁ、なにせハウス5棟分の備品があるのでそれなりに大量です。

2人で早朝から取り掛かっても1日では、全然はかどった気がしません。

まぁ、5人で1週間かけて建てたハウスを2人で片づけるので、時間がかかって当たり前。

「焦らずに、じっくり片づけます」と言いたいところですがそうもいきません。

明後日あたりから天気が雨模様の予報なので、なんとか2日間でけりをつけたいところ。

雨の前に、備品を全部収納して、ハウス周辺の雑草対策も処置できるか?

出来れば、緑肥の種まきまで行きたいところですが・・・・・。時間との闘いですね。

 

ただし、この片づけの際にどれだけ、きちんと片づけておくかが非常に大事です。

適当に片づけてしまうと、来年の春ハウスを建てる際に

「あれ、どこだっけ?」「○○が足りないぞ!」とか面倒なことになってきます。

言い換えれば、この片づけ作業から来年の準備が始まっているともいえます。

 

片づけは準備、もう来年の備えが始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 片づけは準備なり