The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

田んぼを耕す

2017年05月08日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

The北海道ファームの山側の田んぼから見える桜が咲くと

「あぁ5月、GWだな・・・・・」という気分になります。

 

育苗ハウスの稲も、順調に芽をだし育ってきました。

 

そんなここ数日、いよいよ田んぼを耕しに かかります。

荒起こし、あるいは耕起(こうき)作業と言って、

昨年の秋から雪の下で押し固められた田んぼの地面を 耕していきます。

耕すといっても人間がクワで耕すのではなく、

トラクターにロータリーという作業機を付けて耕していきます。

なお、このロータリー 「速耕(そっこう)」という名前です。速く耕すという事でしょう。

 

サブソイラで溝をつけた田んぼが、

 

こんな感じで、起こされていきます。

起こす深さは、15cm程度なので、意外に浅いイメージです。

深く起こせば、いいというものではなく適切な深さに起こすことが

高品質なお米作りや作業性から見ても大切です。

 

トラクターの性能が高いので、作業がはかどります。

むしろ人間がトラクターにせかせれているような印象すらあります。

 

朝、千葉の本社に顔を出してから飛行機に乗ってきて、

空港から農場に直行、昼からトラクターで作業開始と言うのも、

The北海道ファームでは、よくあるパターン。

千葉~栗山町の交通の便の良さを 100%活かしています。

上の写真でトラクターに乗っているスタッフも、ワイシャツに革靴で乗っています。

 

The北海道ファーム、今月後半の田植えに向けて日々作業が進行中です。

 

 

~お知らせ~

YouTubeのThe北海道ファームチャンネルは、こちら。

https://www.youtube.com/channel/UCMHHwkdCIE9N3PxMSq0L0Vg

動画でも、養鶏と稲作の様子をお伝えしていくのでチェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 田んぼを耕す