The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

切ない仕事

2017年06月07日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

田植が終わり約1週間、稲は十分根付いてきたようです。

この時期は、稲の背丈が低いので、水深の調整に気を使います。

「入れ過ぎた」「入っていない」「もう少し」毎日朝夕の定番会話です。

そんな田植え後の日々は、毎日飛んで歩くような目まぐるしさ。

田植で滞っていた作業や、田植えの片づけで一日が過ぎるのが早いです。

 

そんな、田植え後の片づけの中で特に切ない作業が、この二つ。

まずは、田植の時に 植えきれないかった、余った苗を処分します。

苗は、足りなくなると困るので、当然多めに作ってあるわけです。

しかし、田植えが計画どうり進んでくると、予備が使われずに残ります。

そんな余った苗を 枯らして捨てます。

そう、生活のすべてを苗中心にして丹精こめて育て上げた苗を 捨てるのです。

他に、使い道もないのでやむを得ないですが、切ないものがあります。

「さようなら、苗」です。たぶん300枚以上捨てたような気がします。

 

次に、育苗に使った育苗ポットを洗っていきます。

The北海道ファームの場合、その数約4000枚。

一枚一枚機械に通して、水で洗っていきます。

機械に育苗ポットを入れて、出てきたものを積んでという作業の繰り返し。

慣れてくると、手が勝手に動く状態になりますが、単純作業の繰り返しが

何日も続くと、精神的にイヤになってきます。

「このペースだと、後3日か~」なんて読めてしまうのも、よくないですね。

 

さらに、この作業の重要なポイントは、破損した育苗ポットを 抜き取ること。

一枚一枚機械に通しながら、破損をチェックしています。

こんな感じで、角がかけたりして破損したものは、田植え機や種まき機など

機械に通すことができなくなるので、使用できません。

破損した育苗ポットを 気づかずに田植え機に入れてしまうと、

田んぼの真ん中で田植えがストップ、

詰まった育苗ポットを処理するのに田んぼの真ん中で修理作業、

小一時間の作業休止という、精神的にもダメージが来るトラブルが発生することも・・・・。

つまり、ここでのチェック作業が来年のスムーズな作業に直結してきます。

 

という理由で、破損した育苗ポットを抜き取っていきますが・・・・・

約200枚でしょうか・・・・・、破損した育苗ポットが出てきています。

いい感じで破損を 見つけているぞ!と思いますが、

これが見つければ見つけるほど切ない気分。

まだ半分くらいしかチェックしていないので、全部終わるころには、

この倍くらいの破損した育苗ポットが出るかもしれません。あぁ・・・。

 

なぜ切ないかと言うと、破損した育苗ポットは処分して、

来年に向けて新しい育苗ポットを 購入しないといけないわけですが・・・・・・・

この育苗ポット1枚約500円!

たとえば、200枚破損で、買い替えると!10万円!!!!!参った・・・・。

見つければ見つけるほど、お金がかかる・・・。

う~ん、見つけないでくれ~イヤ、見つけないと・・・。

 

毎年、毎年、よく壊れてくれるわけで、新品から5年くらいは問題ない感じですが、

10年となると 厳しいようなイメージですね。

 

育苗ポットのメーカー = 田植え機のメーカーなわけですが、

育苗ポットの売り上げも、メーカーを支えているような気がします。

僕が、メーカーなら5年で壊れるような材質に調整して、あえて耐久性はあげないです。

そうすれば、買い替え需要が、長年にわたって発生しますから・・・。考えすぎでしょうか。

 

「3Dプリンターで同じものを低価格で作る」とか、画期的な技術を探りたいものですね。

 

そうそう、最新技術と言えばドローンを使った画期的な作業を考えてテストしたので、

今度紹介しますね。お楽しみに。

 

 

~お知らせ~

YouTubeのThe北海道ファームチャンネルは、こちら。

https://www.youtube.com/channel/UCMHHwkdCIE9N3PxMSq0L0Vg

動画でも、養鶏と稲作の様子をお伝えしていくのでチェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農場ブログ

2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編
1/5
北海道新聞に掲載していただきました

年別アーカイブ