The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

立入禁止 ジャガイモ畑

2017年07月08日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

The北海道ファームのある栗山町を 車で走っていると畑に花が咲いているのを見かけます。

さて、何の花でしょうか?

白くて、小さい花が咲いています。

そう、ジャガイモ畑でじゃがいもの花が満開を むかえています。

 

きれいな景色になりますが、畑には立入厳禁です。

安易な気持ちで立ち入ると、靴の裏に付いた土や車のタイヤに付いた土から

病害虫が畑に侵入して、作物に大打撃を与えたり、

2度と作物が作れない畑になる可能性すらあります。

とくに、観光客の皆さんは、記念写真の為に畑に入りがちなので要注意です。

道端の畑に、入り込むと農家から「キツイお説教」を受けます。

もし病害虫でも持ち込もうものなら「地域の農業を壊滅させた犯人として追われる」くらいの感じです。

ということで、畑に入るのは、本当にやめておいた方がいいですよ。

 

 

さておき、The北海道ファームの畑でも林さんがじゃがいもに挑戦中。

ご近所の大先輩からいただい種イモを植え付けて、今のところ順調に生育中。

この品種は、薄い紫色の花が咲いていますね。

ジャガイモも品種によって花の色が何種類かあるんですね。

 

林さんは、大先輩に教えを受けつつ畑の防除をしています。

「とりあえず、試験的に栽培を」と言う話で家庭菜園に植え付けましたが、

大量に植え付けすぎかと思われます。食欲に突き動かされて、植えてしまったんだろな~。

これだけ大量に植えてしまうと、収穫作業自体が大変なことになりそうです。

さらに、多分収穫量自体もトン単位の予感がします。

「こんなに作ってどうする」の状態になりそうです。

まぁグループ会社全体のスタッフに冬のボーナス現物支給で配布するという手もありそうですが、

「年末に向けてイモを配給します」って、どこぞの食糧難の国みたいですね。

 

なんとか、このイモを商品化して売り上げをあげる方法を考えないと・・・・。

保存がきいて、加工賃が安価で、人気がでそうなじゃがいも商品・・・・。

「そんなのあれば、もう自分が作っているわ」農家のツッコミが聞こえてきます。

 

と言うより、商品化の道筋も考えずに大量に植え付けては、いけないですね。

自分で食べきれる分だけ植えるか、商品にして利益を出すまで計画して植えるか。

収支の合わない生産活動は、疲れるだけなので禁止です。

 

 

YouTubeのThe北海道ファームチャンネルは、こちら。

https://www.youtube.com/channel/UCMHHwkdCIE9N3PxMSq0L0Vg

 

 

 

 

 

 

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 立入禁止 ジャガイモ畑