The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

たまにはお出かけ

2017年08月12日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

ここ数日のThe北海道ファームは、朝夕しとしと雨がふり、

肌寒いような気温は20度前後、まるで秋が来たような天気です。

稲の生育には、日差しと気温が欲しいところですね。

 

 

まぁ天気も悪く、作業がはかどらないので仕事は中止。

気分転換に日本海方面に出かけてきました。

 

石狩から、日本海沿いを北上する 通称オロロンライン。

海、がけ、道路、山、天気が良ければ、絶景が広がると思いますが

あいにく小雨交じりの曇り空。農家のお出かけは基本雨の日限定なもので・・・・。

石狩市浜益区ということで、地名のイメージは都会的ですが、

実際は、The北海道の漁村というイメージの集落が、ポツポツあるだけの

北海道に特有の人がいない感が味わえる大自然地帯でした。

 

通りがかりの、小さな漁村 濃昼でこんな建物を見つけました。

※濃昼 = ごきびる と読みます。超難読地名ですね。

古い木造の建物ですが、和洋折衷の建築がいい味を出してます。

手入れも良く、まだまだ使えそうな建物です。う~ん。住んでみたい・・・。

 

帰ってから調べてみると、明治33年に建てられた網元の家の建物だそうです。

鰊の時代の網元という事で たぶんスーパーお金持ちだったんでしょうね。

 

 

和風な玄関と洋風の6角形の張り出した部屋がイイ雰囲気です。

 

中をのぞいてみたら、きれいに整備されています。

以前は、料理屋さんとして営業していたそうです。

中を見学できる日もあるそうなので、今度は、是非中を見学してみたいものです。

 

 

さらに車を進めると、印象的な山が見えてきました。

子供が絵に描いた富士山のような形の山。絵本の絵みたいな形が印象的です。

これも調べてみると、黄金山という山で登山道もあり登ることができるそうです。

「浜益のマッタ―ホルン」という異名もある岩稜で、鎖場あり、岩場あり、

景色も良くて面白い登山ができる山だそうです。

今度は登山装備できちんと登ってみたいところ。

 

半日で約250km、石狩市の日本海沿いを 一回りしてきましたが

色々面白い場所があったので、今度はきちんと下調べをして

あらためて訪問してみたいものです。

 

毎日の農場と自宅の往復だけでなく、

たまには北海道内を見て歩くと、色々新発見があっていいものですね。

 

 

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → たまにはお出かけ