The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

モミスリ作業進行中

2017年11月09日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

The北海道ファームのHPに 目を通していただいた方ならご存知かと思いますが

田んぼで稲刈りをしたら、すぐに白米として食べられるわけではありません。

稲刈りから皆様のお手元に届く白米の形になるまでに 色々と作業があります。

参照ページ http://thehokkaido-farm.co.jp/secret/delivery/

 

その色々な作業のうち、現在はもみすり作業が進んでいます。

ご協力いただいている農場さんの、巨大施設。

画像に写り込む林さんと比較して、大きさが想像つくでしょうか。

これでも巨大施設の一部分です。

 

稲刈り後に モミがついたままの状態で保管していたお米を

再度乾燥させ、モミスリをして、玄米へ。

玄米をふるいにかけて、未熟米や割れ米を除去して、

色彩選別機で、着色粒や虫食い粒を除去、色々工程を経て

玄米にしていく工程を こちらの施設で行っています。

 

こういう米粒が、製品にならない規格外の米粒です。

緑や、茶色それぞれ原因はありますが、食べるお米にはならない米粒です。

実際は、規格外の米粒の中でも何段階かグレードがあります。

グレードによって、安価な米を求める飲食店で使われたり、

せんべいや味噌の原料になったり、飼料や肥料になる事もあるみたいです。

 

規格外米も、農家にとっては売り上げの一部になりますが、

本来的には製品になるお米を作るのが目的なので、

規格外米の出てくる比率が少ないほど、「いい米作りをしたな~」と思います。

逆に、規格外米ばかり増えてくると「収量が多くても、こう規格外米ばかりでは・・・・」と

気分が落ち込んでくるわけです。

そんなわけで、規格外米の比率を減らしていくのも、農家の腕だと思います。

稲刈りした収量が、そのまま100%製品になるのが理想ですね。

 

話が脱線していきましたが、

倉庫のなかで、モミスリ作業を待つモミがついた状態のお米たち。

まだまだたくさんありますが、あと1週間くらいでもみすり作業が

終わって玄米の状態になる予定です。

 

なお、今年のThe北海道ファームのお米は、

品種によらずいい出来具合で「ここ10年で最高の当たり年」になっています。

 

 

~お知らせ~

おいしいお米には、モミスリ作業も大事なポイント

The北海道ファーム製品の通信販売サイトはこちら。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

農場ブログ

2/23
北海道産100%のおからを あげてみます
2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → モミスリ作業進行中