The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

日本一おいしいお米コンテスト 中編

2017年12月05日

日本一おいしいお米コンテスト 前編から 続きです。

 

ここで 少し会場の雰囲気をご紹介します。

会場には、TVの生中継が入り、一般の方の来場もおおく

お祭り状態で、盛り上がっていました。

名札を付けていたせいか「北海道に親戚がいるの。頑張ってね」と、

地元のおばちゃんに声をかけていただいたり、同じ出品者同士で

情報交換をしたり、お米好きがあつまるフレンドリーな雰囲気が楽しめました。

 

決勝進出米は、実食審査と同時に会場でも試食できましたが、

「全部 おいしい!」というレベルで、審査員は大変そうです。

コンテストで決勝に残るだけあって、超ハイレベルなお米揃いでしたよ。

 

なお、The北海道ファームのお米は、自分で作っているだけあって

匿名での試食でも、食べたらこれ!と判りました。

ほかの決勝進出米に負けず劣らずおいしかったと、自画自賛しておきます。

 

 

出品米の中で、決勝に出られなかった方のお米を

おにぎりにして来場者に配ったり、試食コーナーも充実。

僕も、始めて食べる品種を試食する事ができました。

 

The北海道ファームとしては、このコーナーに大注目!

決勝大会進出米 = おいしい米 の生産履歴のコーナーです。

「ここは、堆肥を1トン@10aか・・・。」

「肥料は、有機質がメインですね。」

「消毒は、●●を使っているのか」

「窒素成分は~。追肥してるな~。」等々、全員の作業履歴が展示中。

これを見るだけでも、米作り農家なら、一晩語り合える位、面白い・・・・。

やっぱり お米作りって面白いですね。

 

もちろん、The北海道ファームで真似できるような技術は、

ないかなと、いろいろ情報収集に 励んできました。

やっぱり、決勝進出米の生産方法は、一種独特な方法が多いですよ。

The北海道ファームでも技術的な検討をして、取り入れていきたいものです。

まだまだ、おいしいお米を作るためにできることがありそうです。

 

という事で、後編に続きます。

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 日本一おいしいお米コンテスト 中編