The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

水芭蕉卵 ~日本一 幸せな鳥の卵です~

にわとりたちの自由な一日

  • 水芭蕉群生地の横、広大な1000坪の放牧場を自由に飛び回る。

  • 朝一の大運動会毎日開催。

  • 疲れたら安全なドーム型大型鶏舎休憩。

  • 休憩したら大好きな虫さがし。

  • 生みたくなったら鶏舎で産卵。

  • おなかが減ったらおいしい自家製配合飼料を食べ寝る。

  • 美味しいものがほしかったら飼育員さんの肩にとまっておねだり。

100%北海道産の自家配合飼料

  • 100%北海道産のこだわり、飼育員さんの作っている水芭蕉米をベースに北海道の海の恵み魚粉、水芭蕉米の糠を食べています。

  • 自家生産のお米、米ぬかを中心に魚粉、カキ殻をブレンドした配合飼料を自家製造しています。
    人間が食べても害がない安全な自家配合飼料です。

  • 水芭蕉を育む夕張山系の水を飲んでいます。

  • 放牧場の環境維持や土づくりの為、全面にワラを敷いておりたくさんの虫たちが住んでおります。にわとりたちは天然の動物性たんぱくを毎日食べています。

  • 隣の2ヘクタールの畑で色々な緑のエサ【そば、きからし、クローバー等】を作り毎日食べたいだけ与えています。また広い放牧場のため、色々な草花も食べています。

翡翠色の卵とクリーム色の黄身<Q&Aコーナー>

Q.なぜ殻が緑なのですか
A.もともとにわとりの祖先は、草むらに卵を産む習性があり、保護色の名残のあるにわとりの種類だからです。
Q.何というにわとりなのですか
A.翡翠の色の様な卵を産むので翡翠鳥と言います。国内ではあまり飼育されていません。
Q.なぜ卵の黄身がクリーム色なのですか
A.にわとりの黄身の色は普段食べているものから由来します。北海道翡翠鳥は、The北海道ファーム生産の水芭蕉米で育てている為、黄身の色がクリーム色になります。パプリカ色素などをエサに添加するとオレンジ系の卵になります。The北海道ファームでは工業的生産された添加物などは一切使用しておりません。
Q.病気予防の薬などどうしているのですか
A.もともとにわとりは強い動物です。狭いゲージなどで一生生活させれば病気予防もしますが、The北海道ファームでは1 坪で2 羽~3羽という自由スペースで生活しているのでワクチンも抗生物質も何も使用しておりません。ただ、病気になってしまった場合は隔離して治療します。(ひよこの時に感染予防のワクチンを一度だけ投与しています)
Q.飼料に遺伝子組み換え作物は使ってないのですか
A.自作作物80%で残りは北海道海産物など20%で自家製飼料の為一切使用しておりません。
Q.何日ぐらい生卵で食べれますか
A.生んだ瞬間親から卵が離れる巣箱となっておりますので無洗浄でお届けします。そのため天然抗菌性物質のクチクラ層が残っていますので、悪い細菌や雑菌の侵入を防御しています。
その結果、冷蔵庫など10℃以下で1 ヵ月安心して生でお召し上がりいただけます。

卵は健康食品

  • 脳を活性化
    卵黄には大豆の約3倍のコリンが含まれています。リン脂質に含まれているコリンは、記憶/学習に深く関わる神経伝達物質です。
  • 生活習慣病の予防
    コリンはコレステロールや中性脂肪の量を適切に保つ働きがあるため高コレステロール血症や動脈硬化症、脂肪肝などの予防や改善にも働きます。
  • 老化防止
    卵には活性酸素(生活習慣病や老化の原因)の発生を抑えたりミネラルの一種で活性酸素を除去する働きの強いセレン・セレニウムやビタミンA、B6、Eなどが含まれています。

トップページ

→

水芭蕉卵