The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

鶏舎の雪おろし 3時間

2019年01月22日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

昨日の雪は、The北海道ファームのある栗山町を狙い撃ちにしていたようです。

いつもの田んぼの写真です。まったく視界が効きません。感覚的には10m位でしょうか。

運転はもちろん、立っているだけで 恐怖を感じる状況です。

毎年、年に数回はこういう日がありますが、今年は特に多い印象です。

こんな日は、自宅待機で勉強でもしているに限ります。

変に 出歩いて事故になっても 面白くないのであきらめも肝心です。

 

日中、数時間待機して午後3時過ぎようやく嵐が去った所で、農場の見回りに出発します。

吹き飛んだ物は、無いか?雪と風で建物が傷んでいないか?異常がないか見回りは欠かせません。

 

案の定、発見してしまいました。

鶏舎の屋根に 吹きだまり的に雪が乗っています。

このままいくと、鶏舎が崩壊しかねません。

雪国以外では想像しがたい現象ですが、

屋根に乗った雪の重みで 建物が崩壊するのは、雪国あるあるです。

特に当社の鶏舎のような簡易建物を 雪でつぶしてしまうのは、

定番中の定番の失敗です。

 

さっそく、屋根に上ってみると、

はい、積雪40cm位。半分は氷状になっていそうです。

想像を絶する重さが屋根にかかっていますね。これは・・・・。

こうなれば、もうしょうがない。中にいるにわとりたちを守るためにも

見て見ぬふりはできません。鶏舎が崩壊なんて、大惨事は絶対に許されない訳です。

 

考えているヒマは、ありません。雪を降ろすしかない。

覚悟を決めて、スコップを抱えて雪おろしを開始します。

と言っても 鶏舎の屋根は長さ25m 幅10m程度のかまぼこ状、

簡単な広さではない上に、雪を どかすと、よく滑る屋根です。

孤軍奮闘する事、1時間以上・・・・・。正直、体が悲鳴を上げます。

不安定な円形の屋根の上、雪が滑る部分もあり、何度か屋根から滑り落ちます。

その度に這い上がり、作業を続けていきます。

そのうち 月なんか出てきたりして、いい雪景色ですが、

眺めてると、汗が冷えて極寒なので体を動かし続けるしかありません。

 

と、そこに一本の電話。

「いま、千歳。帰ったら米工場を動かしたいんだけど・・・」

と、いつもタイミングの悪いH社員。この吹雪の中、でかけていたそうで・・・。

屋根の雪下ろしの戦力には、なりませんね。

 

これは、いよいよ一人で雪おろしを するしかない状態。

しかも、雪おろしを途中でやめると、屋根に乗っている雪のバランスが崩れて

鶏舎に変な負担がかかり、部分崩壊の可能性もあるよな・・・。と嫌な想像も膨らんでしまう自分。

結局 3時間かかって 鶏舎の屋根の雪を全部降ろしました。

休憩をすると、汗が冷えて風邪を引きかねないので、

本当に3時間ぶっ続けで、スコップを振り回していました。

 

何とか、鶏舎を守り切った充実感はあるものの、

それを上回る、疲労感と筋肉痛・・・・。こんなに雪おろしに奮闘したのは初めてです。

家に帰ると、一人で雪おろしなんて、埋まって死ぬからやめなさい。

そう注意されゾッとしましたが、作業中は必死でそんな事は考えなかったですね。

少々、軽率だったかもと、反省しました。

 

今年に限って、屋根から雪が落ちない原因は、

3年目の屋根のペンキの効果が落ちていて、雪が落ちにくくなっているからと言う事だと思います。

その証拠に、今年塗り直した、他の建物は、それはきれいに雪が落ちています。

あぁ、労を惜しんでペンキの塗り替えを 先送りしたつけなのか?

3年前に安いペンキをチョイスしたから、早くも雪が滑らない屋根になったのか?

それとも今年の雪が、水分多めで屋根にくっつきやすいのか?

まぁ、色々考えても、この厳冬期にペンキ塗りが出来るわけでもありません。

今年は、鶏舎の屋根の問題で、ずいぶん手がかかる冬になりそうです。

 

なお、このお話は、昨日の話ですが、栗原は現在、絶賛筋肉痛です。

翌日、筋肉痛ならまだまだ若いぞと、自画自賛しています。

 

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の営業は、大変です

2019年01月18日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

札幌に打ち合わせに行く日が 今季一番の悪天候、交通障害に注意という

天気予報の日に ぶつかってしまいました。

2週間前から決まっていた予定、東京からくる方との打ち合わせという事で

悪天候の予報だから中止という訳にもいきません。

いつもは、2時間と見る札幌への所要時間を、念のため4時間見て

アポイントの4時間前 早朝5時半の栗山出発です。気温マイナス10℃位です。

え~正直危ないです。運転できるギリギリの感じですね。

まぁ、交通量も少ないし、ゆっくり行けば何とかなりそうです。

 

途中省略、結構危険な感じで2時間半ほど

無事に、札幌中心部にたどり着きました。

ホッと、一息。コーヒーチェーンのモーニングサービス480円。

あぁ、久しぶりに都会だと、栗山から来た農家の僕は、思う訳です。

 

もちろん、無事に札幌に行くのが目的ではなく、打合せが目的なので

気合を入れ直して、自社商品のPRへ向かいます。

立派なビルの立派な受付で、入館証を付けてから、目的の場所へ。

いくつも並ぶ ミーティングルームに通されます。

結構、ずうずうしいタイプだと思っていましたが、雰囲気にのまれる自分・・・。

ちゃんとネクタイして来て良かったなと、思ったり。

そう言えば、農家の軒先とか、どうもどうもで担当者まで入っていける事務所とか、

ここ数年、そういうラフな所ばかり訪問していましたね。

 

実際の、打ち合わせ内容は、内緒なので割愛して、

結果的には、想定以上のお話ができたと思います。

雰囲気で緊張しましたが、初対面の人と話をするのは、

葬儀担当者時代は、毎日していたわけで。まぁ何とかなったという事にします。

 

その後、外に出てみると。

雪まつりの雪像を、自衛隊の皆さんが製作していました。

はじめて見ましたが、単管で芯を作って、雪を山にしてと、作るんですね。

そう言えば、壊す所も見物人が集まるくらい面白いそうで。

北海道に住んで5年、1回も雪まつりに行こうともしなかったけど、

1回くらい、言ってみようかなと思います。

 

後は、せっかくなので道産高級食品店の店頭を物色。

何かいい商品は無いのかなと、葬儀会社の返礼品バイヤーの目で見たり

ライバル商品はどんな様子かなと、農家目線で見たり、

小一時間 店内をウロウロしてみました。

 

昼からは、吹雪も弱くなるという事で、

また2時間弱の安全運転 雪道ドライブで戻ってきました。

都会の真ん中から1時間も走れば、この大自然のなか。

こういう大自然の北海道の冬の営業は、

天候次第で大変になってしまいますね。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

 

 

 

 

 

 

千葉は、春の様子

2019年01月14日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

年明けに 仕事兼帰省で千葉へ行ってきました。

羽田空港では気温が10度近く、北海道人には、もはや春の陽気です。

なんだか、田んぼを起こさないといけないような気分になります。

 

関東の中でも、特に千葉県の房総半島は、温暖な地域で

水仙の花が すでに満開に近い状態で、そこかしこに咲いていました。

 

北海道なら ゴールデンウィークの田んぼ作業が最盛期くらいの感覚ですね。

 

 

そこで、農家なら気になる地元の直売所をみてみると。

普通に、地元産のブロッコリー、菜花、レタス、ホウレン草、トマト・・・・・。

切り花中心に、ストックやマム、桜の枝に野菜の苗も販売中。

品揃えは、完全に春ですね。

 

他にも、イチゴ狩り園に観光客が集まっていたり、

千葉県の房総半島は、日差しも暖かく完全に春にしか見えない様子です。

トラクターで 田んぼを起こしている農家もそこかしこで見かけました。

※千葉の田んぼでの1月の耕起は、ワラを分解するための作業で、田植えの準備ではないそうです。

 

同じ、日本の中でわずか飛行機で1時間少々飛んだだけで、この季節感の違い。

農業的な目線で見ると、同じ日本の中でも環境は、千差万別。

場所場所で、農業のやり方も全然違いますね。

 

冬の期間、作業が止まる北海道の米農家から見ると、

「千葉の農家は、冬も休めないね・・・」と、思ったりします。

あるいは、「真面目に作れば、一年中出荷可能でいいな」という、見方もできます。

それぞれの地域で地元の農家が環境に合わせた農業をしていて、

ものすごく多様性があるのが、日本の農業の特徴かもしれませんね。

千葉の農業と、北海道の農業を比べるだけでも、色々おもしろいものです。

 

で、北海道に帰ってくると、こんな感じ。

本当に、同じ1月とは思えない差ですね。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年は、除雪から

2019年01月07日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

皆様方に 新春のご挨拶を申し上げます。

 

The北海道ファームのある栗山町、ようやく見えた初日の出は、

こんな感じの 弱々しい日の出でした。

昨年の末から 断続的に雪が降る天気が続いています。

毎日、毎日10~20cm程度、よく降りますね。

 

おかげで、正月休みも除雪に追われて過ぎていきました。

除雪機を 積んで自宅から事務所、にわとり小屋、社員寮など、

行ったり来たりしながら、順に雪を処理していきます。

 

大きな面積の 農場事務所周辺は、トラクターのフロントで除雪。

それでも、時間が掛かります。

建物のそばや、狭い所は手作業もあるので、

意外に肉体労働でもあり、だんだん疲れてきます。

 

朝7時ごろから自宅を出るための除雪から始めて、

施設を 一通り除雪してくると、もうお昼・・・・・。

なんだか、休日な気がしませんが、確かに仕事的には、何一つ進んでいません。

 

栗山町の町中も、この通り。

道路の両脇には除雪された雪が山のようになっています。

普段は2車線+路側帯+広い道も、1.5車線程度の幅になり、

車のすれ違いも 困難な位になっています。

 

ただ、今日あたりから、少しづつ排雪作業も始まってきました。助かりますね。

そうそう、この排雪作業も、雪国ならではの光景ですね。

初めて、見たときは驚きました。

除雪車で10トンダンプに次々と雪を積んで、雪捨て場に運んでいく作業です。

豪快な作業で、面白いなと思いますが、近くで見ていると非常に危険です。

 

雪のない地方では、必要がない除雪や廃雪という作業 負担は、相当ですね。

日常生活を、普通に送るために多大な作業を 強いられるという雪国の日常。

例えば、雪が無ければ、出勤して鍵を開ければ、さぁ仕事となるわけですが、

雪国では、除雪作業で仕事を始めるまで数時間かかるという、この差。

両方、知っているからこそ、負担感がよくわかる気がします。

 

なお、そんなに雪がある北海道に居るんだから、スキーとかしないの?と、聞かれますが、

僕自身は、日々の除雪作業で、もう雪は充分だという気分になるので、

ウインタースポーツは、全くしていません。

除雪が終わったら、温泉で雪を眺めるというのが理想的な雪の季節の過ごし方だと思います。

 

何は、ともあれ、新年も雪との戦いからスタートしました。

今年も、色々新展開がある予定です。どうぞよろしくお願いします。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

 

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします

2019年01月01日

 

旧年中は、皆様がたに大変お世話になり、ありがとうございました。

本年も よろしくお願い申し上げます。

 

~お知らせ~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

1月3日までSHOP対応を お休みさせていただきます。

1月4日より 通常営業です。

 

 

年末大寒波で大雪

2018年12月30日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

年末大寒波という事ですが、すでに2日間ほど雪が降り続けた

The北海道ファームのある栗山町です。

気象レーダーでも、石狩湾から当別~岩見沢と来た雪雲が

栗山町上空にも 居座り続けていますね。

2日間ほど、吹雪が続いて6~70cmくらい雪が積もりました。

ここ数年なかったような短期間の大雪で、1日中除雪をしていました。

 

コンパクトカーに雪が積もってミニバンサイズに・・・。

これだけ雪が降り続けると、自宅から出るのに

車を掘りだして、敷地から出られるように除雪してと、

自宅を出るのに1時間以上作業が必要です。

 

何とか会社に来てみると、「どうやって、事務所に入るの?」

そもそも車が敷地内に入れないので 路上駐車になってしまいます。

もう、今日は事務仕事無し。最低限にわとりの世話だけ。そう決めます。

 

ところが、にわとりのお世話をするために 鶏舎にたどり着くのも一苦労。

一晩で60cm以上降ったので、除雪機の除雪できる雪の高さを 超えています。

除雪して、道を作ろうとした除雪機が、雪に埋まって立ち往生してしまいます。

除雪機を人間が掘りだして助けるという、もはや意味の分からない状態。

男二人で、鶏舎まで道をつけるのに、また1時間以上・・・。

 

雪が多少弱まったタイミングを見ながら、

自宅→会社の社員寮→鶏舎と、半日以上除雪して回り、

自宅に帰りついてみると、また雪だらけ。

朝、除雪したはずなのに、また除雪しないと敷地に車が入れない・・・・。

徒労という言葉がよぎります。

 

ようやく自宅に帰りつくと、

「雪で遊びたいな」だって・・・・・。

パパは、朝から雪まみれで、もう雪は嫌なんですが・・・・。

家では、雪が降って喜んでいるのは、子供だけですね。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

年末年始、出来る限り対応しています。

物流の関係で、お届けに時間を要す場合があります。

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ冬本番です。

2018年12月27日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

今年は、比較的12月前半の気温が高い状況でしたが、

さすがに、12月も終わりに近づくと気温がマイナスの真冬日が増えてきました。

The北海道ファームの近所の白樺並木です。

こういう景色を見ながら 農場に通勤していると、

北海道の冬っていいよなと、思う事もあります。

 

しかし、北海道の冬は天気が良い日ばかりでは、ありません。

早朝から吹雪き続けて、除雪が間に合わない出勤時は、

毎日の通勤時、あと事務所まで数百メートルというところでも、

身の危険を感じることもあります。

 

とくにこの時期、北海道では、日没も午後四時くらいと早いので、

暗くなって吹雪いてくると町の中でも、こんな様子。

岩見沢市の午後5時、普段はそれなりに車も多い時間帯なのに 誰もいない・・。

雪がない所で育ったの人間なので、地元の人間が出歩かない状況で

自分が運転していて、大丈夫なのだろうか?と不安に襲われます。

 

他にも、天気が良く気温が上がると、

屋根から雪が雪崩のごとく降ってくるのも、雪国あるあるですね。

 

これなんか、いつ屋根から雪崩が起きてもおかしくない状態。

タイミング悪く近くいると、町中なのに雪崩で生き埋めという事もあり得ます。

雪崩で生き埋めなんて冬山登山かという感じですが、死亡事故も起きかねません。

北海道の小学校では、「屋根から雪が落ちるから建物に近づかない」と、教えています。

雪国の生活上の常識なようです。

 

The北海道ファームのある北海道栗山町は、

北海道内では、比較的冬も雪が少ない過ごしやすい地域になりますが、

それでも冬の生活の厳しさは、ありますね。

あと、3か月ほど続く冬の期間 無事にすごしたいものですね。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

冬の間も、もちろん営業中です。

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

TVに出てた話の真相

2018年12月21日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

ある日、家に帰ると、突然奥さんが、

「みんなに 栗原さんTVに出てたでしょ と、言われるけど?」と、言ってきました。

さて、何の事やら・・・・う~ん?

 

あっ!あれか。思い当たることが一つ。

先月、町内に新しくカフェ&バーがオープンしました。

カフェ&バーくりとくら

栗山町産の食材で作った食事とおいしいお酒を提供するお店です。

 

そのプレオープンのイベントに、The北海道ファームがふるさと納税の返礼品を

提供させていただいている関係で、ご招待していただいた時の事です。

The北海道ファームのある北海道栗山町の地域起こし協力隊のメンバーで

立ち上げた地産地消、地域を盛り上げたいというお店なので、

NHK北海道のTV取材が入っていました。

子供連れのお客さんや若いお客さん、店のスタッフの方に

インタビューをしたり、店の様子を撮影していました。

栗原自身は、The北海道ファームの事でもないし、

撮影の邪魔にならない様に(意外に気を使う性格)していたわけです。

 

ところが、この取材がニュースになって放送されると、

「栗原がTVに出てた」という事に なったようです。

という事で、問題のニュース映像を探してみると、ありました。

店内の様子を写した場面で数秒間。

店内で立ち話をしている場面で数秒間。

合計5秒くらい、写り込んでいました。

え~と、よくわかりましたね。

※なお、立ち話相手のイケメンは、栗山町のメロン男子です。

 

NHK北海道の夕方のニューズで放送されたので、

確かに多くの方が見る番組ですが、他にも、町内の農家さんとか、若者とか、

インタビューでコメントを言っているシーンがたくさんある中での、

この栗原が写り込んだ所に気が付くとは・・・・。みなさんよく見ています。

 

しかし、これは「TVにでてたでしょに」は、あたらないような気がします。

ということで今回は、単に写り込んだだけと、いう事にします。

この時は、絶対に写ってない思っていたのですが、油断できないですね。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様へ 気持ちを込めて送ります

2018年12月18日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

12月の半ばとしては、異例の冷え込みを感じるThe北海道ファームです。

朝方の凍てつく寒さで、看板も凍り付いています。

 

そんな凍てつくような寒い日ですが、当社の作業場では、

お客様からのご注文のお米の発送作業中です。

通信販売で、ご注文をいただいたお客様向けに、

10kg、20kgとお米を袋詰め、箱詰めにしています。

当たり前の事ですが、注文通りの品種と内容を間違いなく

梱包しないといけないので、確認の上に確認をしながらの作業です。

 

最近、老眼気味の林さん。

細かい送り状の文字の確認は、少しつらそうですが、

スタッフが2人しかいないので、確認作業も頑張ってもらうしかありません。

 

The北海道ファームからお客様の手元に直接届くので、

米袋の汚れや、箱の傷なども無いように

宣伝用のチラシや、パンフの同封も忘れないように

いつにもまして気を使います。

 

梱包した後は、ゆうパックの送り状作成ソフトゆうプリRで

送り状を作成して、間違えない様に発送します。

このソフト、色々と高機能すぎて使いこなすのが非常に難しい・・・。

お前のスキルの問題だと言えば、そのとおりなんですが、

結局全機能のごく一部しか使えていない状況でした。

 

当社は、アマゾン通販でイメージするような、近代的な物流倉庫ではありません。

その分、当社スタッフが、一つ一つ感謝の気持ちを込めて手作業で荷作りをしています。

 

お客様の元へお米が旅だって行く時には、

「おいしく炊いてもらうんだよ~」

「残さず食べてもらえよ~」

一所懸命に真面目に作ったお米なので、

お客様に おいしく食べていただける事を祈りながら送り出しました。

 

この仕事をしていると、リピート注文してくださるお客様や、

贈り物に使ってくださるお客様がいるのもわかり、生産者としては、うれしいものです。

こうやって、お買い求めくださる方のためにも、

また来年も丁寧なお米作りをしなければと、決意を新たにする発送作業です。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

商品画像の準備を しました

2018年12月13日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームでは、水田でおいしいお米を作る事に全力で取り組んでいます。

しかし、それだけではなく、せっかく作ったおいしいお米なのでより多くの方に

食べていただきたいと、いう思いで販売先の拡大にも取り組んでいます。

 

そんな、いわゆる営業活動では、商品の資料を作ることが大切です。

商品企画書、提案書など書類のもの、あるいは通販用のサイトなどのオンラインのもの、

さまざま、資料を作るわけですが、そこで必要になるのが商品画像です。

 

という事で、お米の資料用の写真撮影です。

撮影スタジオ・・・ではなく、事務所の一角。

プロカメラマン・・・ではなく、若手スタッフの長田くん。

1ガンレフカメラ・・・・ではなく、iphoneX。

撮影機材は、相当イイですが、それ以外は・・・・。センスも・・・。

 

さてさてどんな画像を とっているのかと言うと。

う~ん。なんとなくそれっぽいけど、ダメだこりゃ・・・。

機材は、いいけどセンスは無い。まぁ農家のおじさんだし・・・・。

 

という事で、十全社グループの企画室へ画像を送りご相談。

商品企画部門と、クリエイティブディレクターから、案の定ダメ出しをいただきます。

撮り方について、色々アドバイスをいただきました。

その後、セッテイング等をいろいろ変えてもう一度撮影開始。

 

やっぱり、違いますね。

最初に比べれば、ぜんぜん別物に仕上がってきます。

さらに修正を指示されながら撮影を重ねる事、小一時間。

一応、今回の使用にかぎりOKとなりました。

 

おいしさが伝わる写真。難しいですね。

 

写真の撮り方ひとつで売り上げが変わることもあるので、

なるべくいい写真に撮りたいなと思いますが、センスがついていかないです。

今回は、急ぎの対応だったので農場で撮影しましたが、

このあたりの作業は、社内の専門部署にお任せしたいところです。

 

水田生まれの光の魔術師 フォトグラファー長田の眠れる才能は、開花しなかったようです。

結構、一所懸命に撮影してたんだけどな・・・。

 

~お知らせ~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ → 農場ブログ