The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

にわとりの本能

2019年03月09日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームの 日本一しあわせなにわとりの動画です。

 

冬期間は、屋外の放牧場は雪に閉ざされるので、鶏舎内でトリたちは、過ごします。

The北海道ファームの場合、鶏舎と言っても50坪以上の広いスペースに200羽程度の

トリを入れているので、いわゆるカゴで飼うケージ飼いの鶏舎とは、まったく違います。

床にも、稲作の副産物である自社の田んぼから出る稲わらを、

30㎝程度の厚さで敷き詰めて、トリにとっての快適性を追求しています。

 

動画は、その稲わらの床面をつついてまわるトリの様子です。

にわとりは、本能からくる習性で、一日の大半を地面をつついてまわります。

同時に、足で地面をかき回す行動もしています。

これは、本能からとしか言いようがない行動で、

エサを大量に食べて満腹の状態でも続ける行動です。

The北海道ファームの放牧養鶏では、にわとりの本能からくる行動を

極力阻害しないことが、トリにとって快適な飼育環境だと考えています。

 

ゆえに、一般的なカゴで飼うケージ飼いのにわとりは、

この地面を つついて歩き回るというトリの本能的欲求を

満たすことはできないと考えていますが、いかがでしょうか?

 

アニマルウエルフェアについては、人それぞれの意見がある部分なので、

一概になんとも言えませんが、The北海道ファームの飼育方法は、

にわとりにとっての快適性を、かなりのレベルで満たしていると自負しています。

一度、にわとりに意見を聞いてみたいものですね。

「ここの飼い方は、気に入っていますか?」と。

 

スマホで 動画を撮影して、PCに移動、ファイルサイズを調整して、

画像をトリミング、色々と試行錯誤して、ブログにUPしてみました。

多分、見ることが出来ていると思います。

農場の様子をお伝えするために、挑戦してみました。

撮影方法などもう少し、勉強しないといけないですね。

 

 

 

*******************************************************

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより画像がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

春作業、はじめました。

2019年03月06日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

3月に入って 暖かい(北海道比)日が続いています。

気温がプラスになり、日差しも春の気配を感じることが多くなりました。

 

そうなると、北海道の農家は、徐々に作業モードになってきます。

The北海道ファームの春作業、まずはじめは水稲用のハウスから始まります。

水稲の苗を育てるハウス周り、除雪機やトラクターを使い雪をどかします。

今年は、雪の量も多いでですが、氷のように固くしまっています。

例年にない雪の状態ですね。冬の寒さが厳しかった影響でしょうか。

 

次に、ハウスの地面に融雪剤を散布していきます。

黒い色で太陽熱を 効果的に集め雪を溶かしていきます。

この融雪剤、撒き方に流派があるようです。

ひとつは、溶かしたい場所に均一な濃さで撒く均一派、

もう一つは溶かしたい場所に濃淡をつけて撒く シマシマ派。

僕はシマシマ派です。それぞれの流派で理屈があって、

両方ともに なるほどなと思いますが、ここ数年は、シマシマ派です。

 

融雪剤を撒いてあると、晴れた日にはかなり雪解けが進みます。

だいぶ雪のカサが減ってきました。

深い所で、あと30cmというところでしょうか。

なるべく、早く雪が融けてほしいのは、水稲農家皆の共通でしょう。

 

なお、2月の雪の最盛期にはこんな感じ。

ハウス付近の積雪1m以上は、あったようです。

この写真と比べると、だいぶ雪解けが進んできたなという事が分かります。

 

だんだん融雪が進んできて、3月後半からは、

The北海道ファームの農作業も本格シーズンインを むかえます。

今のうちに、下準備を進めておかないと。

何かと気忙しい日が 始まりつつありますね。

 

 

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより写真がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

 

 

 

旭川へ 勉強です

2019年02月27日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

本社の社長のお供で旭川へ行ってきました。

The北海道ファームのある栗山町から、旭川まで約2時間120kmの道のりです。

道央道をひた走り、お昼前に旭川に到着です。

という事で、現地のアポの前に、まず腹ごしらえ。

ラーメン大吉の3大ラーメン食べ比べセット。

塩、醤油、味噌の3つの味が楽しめる!豪快なセット。

今までたくさんのラーメン店に入りましたが、始めて見ましたこのセット。

誰もが思いつきますが、実際にメニューにあるのは貴重です。

一味づつは、お子様ラーメン程度の量ですが、3種合計では

超大盛りサイズに等しい量な気がします。おいしかったです。

1回試す価値は、あると思いますよ。

 

超満腹状態から、旭川の町中を抜けて今日の目的地へ。

先方を 訪問し情報交換や、商品の打ち合わせ等々を しました。

The北海道ファームの新製品なるか?と言うような内容です。

どこまで書いてOKか確認しなかったので詳しくは、内緒です。

大変充実した時間で 勉強させていただきました。

やっぱり加工食品は大変だ。そんな感想も持ちました。

 

 

先方で用件を済ませた帰り道、今度は高速を使わずに

国道12号線で、旭川から南下して栗山までの帰路につきました。

 

途中、最近売出し中の砂川スイーツロードを通過。

出川哲郎がTVで食べて絶賛したという、超売れているアップルパイを買ってみました。

ナカヤのアップルパイです。1日に2000個売れる日もあるという事らしいです。

「The北海道ファームの新商品開発上も 売れている商品は、試さないと」と、

言いながら、おじさん二人で甘いものを買います。

味は、リンゴの酸味が効いてさわやかで食べやすい味です。おいしいです。

 

「1個330円か~1日1000個平均で売れて 月1000万の売上か~」

「スイーツは、あたれば大きいな。いいな」など、

味以外に業務的な分析も してしまうのが、素直に楽しめない仕事感覚・・・・。

他にも、ちょこちょこ話題のスポットを 解説、分析しながら栗山まで無事に帰ってきました。

 

なんだか記事を書いてて思いましたが、食べ歩きしているだけにしか見えないような。

前回記事の豆パンから 続きで見ると単なる食べ歩きブログですね・・・・・。

 

The北海道ファームは農業会社なので、新商品=食品なので

食べ歩きも 立派な仕事の勉強と言う事です。

こういう寄り道から、大きなアイディアが生まれることもあります。

真面目に勉強しているな~という事でお願いします。

 

 

 

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより写真がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千歳空港の はやりの豆パン

2019年02月22日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

早朝から雪かきを終えて、千歳空港に向かいました。

会議出席のため、千葉の本社に出張です。

 

朝7時半、千歳空港につくと、以前ブログでも紹介した

美瑛選科の前に 今日も行列ができていました。

 

並んでいる人数を確認すると、余裕で例の貴重な豆パンが買えそうです。

「並ぶのは、面倒だな」と思いつつも、

「搭乗口で待つのも、ここで待つのも、一緒だな」

「まぁ 本社への差入にちょうどいいか」と思い、並んでみました。

 

並ぶこと15分・・・・。

はい、あっさり購入できました。

袋も箱も きれいですね。

手土産に気が利いている感じがします。

まだ、焼き立てで箱ごとホカホカしています。

 

箱をのぞいて見ると、パンが五つ入っています。

さっそく箱から一つ取り出して見ます。

えぇ買ったものは、すぐに開けたいタイプです。子供か・・・。

カラフルな豆が乗っていて、見た目も楽しげですね。

こうなったら、ひとつ搭乗口前で食べてしまいましょう。

ちょうど、朝から除雪で小腹もすいたのでちょうどいいですね。

 

ん、甘い。パンの中にも豆がたくさん入っています。

なんだか アンパンを思い出しました。甘いです。

豆の使い方が、贅沢です。いいんじゃないでしょうか。

 

「新千歳空港、豆パン」で検索すると、沢山記事が出てきて、

入手困難、何度も挑戦、ようやく買えた…等々、書かれています。

観光で北海度に来て、普通はホテルにいる時間の朝8時前からわざわざ千歳に来て、

小一時間ならんで、ようやく買う、ついでにSNSにUPして、

そういう体験も、このパンの価値をあげているような気がします。

 

僕のようにふらっと立ち寄って、あっさり買えてしまうと、

そのありがたみがあまりないというか・・・・・。

もちろんパンの味は 普通に甘くておいしいです。

話題のパンでもあり、一度は食べてみた方がいいですよ。

 

 

he北海道ファーム インスタやっています。

ブログより写真がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪よ融けろ。暖かくなれ。

2019年02月18日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

今年は、厳寒と雪の多さで参っています。

今年の雪が多いのは、、村松バンドが栗山町にかかるケースが多いから。

なお、村松バンドについては、検索でお願いします。

こっちに来るな!という心境です。

 

さらに寒さが厳しいと降った雪が融けないので、ガンガン雪のカサが増していきます。

毎年、事務所回りは、集荷の大型車が入れるように除雪しています。

今年は、特に大変です。

昨年一冬でどけた雪の量を すでにはるかにオーバーする大量の雪。

雪を どかす先もなくなってきました。

なんだか雪の壁に包囲されている気がしてきました。

 

屋根の上の雪庇も 見たことがないような成長ぶり。

1M近く 屋根からせり出しています。

気温が上がれば、落ちてくるので、非常に危険な状態。

落ちてきた所に人間がいれば、事故に なりかねないです。

雪庇になった雪は、重いので屋根の先に偏って荷重がかかり

屋根自体が壊れる危険性もありそうです。

これは、落としておかないといけません。

 

近所のバス停もこの通り雪の中。

どなたかが、一所懸命掘り出してくれています。

ボランティアでしょうか。ありがたいですね。

 

元気の暮らしているにわとりたちも、屋外には出れません。

新雪の上では、体が埋まって歩きにくいようですし、

一面の雪原では、明るすぎて目がくらむのか、

外の放牧場につれ出しても 戸惑うばかりで動きません。

まぁ鶏舎の中でも桁違いの広さで飼育していますが、

外に出して、地面をつついたり、日差しの下で砂浴びを させたり、

やっぱり、雪がない時期の方が にわとりらしい暮らしができます。

 

3月の後半から準備を進める予定の 稲の育苗用ハウス。

例年になく、深い雪に閉ざされています。

これは、早めに融雪作業、除雪作業を はじめないとまずいかもしれませんね。

 

今のところ、厳寒と雪の多さに悩まされていますが、

稲作の農作業上の問題は、3月の天候です。

3月に入って、気温が急上昇、暖かくなってくれれば、

春の農作業スタートが順調にいきます。

早く、暖かくなって雪が融けてほしい!切実な願いです。

 

 

 

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより写真がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

北の甘酒 スマリ 選ばれました。

2019年02月14日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームのイチオシ商品と言えば、

ご存じ「北の甘酒 スマリ」ですね。

The北海道ファームのおいしいお米を 原料に

新潟県の歴史ある醸造メーカーさんに、蔵伝統の醸造方法で作っていただいた、

お米と米麹だけ 混ぜ物一切なしの甘酒です。

 

この「北の甘酒 スマリ」が、HOKUYO BEST SELECTION 2019 に選ばれました。

  (画像はイメージ)

北洋銀行さんが、北海道産の名品として

道外へ紹介する食品を 選ぶという企画で、選んでいただきました。

実際に 個人のお客様に目に触れる機会がある企画ではなく、

道産食品を使いたい、仕入れたいという会社さんなどが利用するための企画です。

 

そう、プロにお勧めする道産食品に選ばれたという事です。

これは、地味にすごい事、うれしいですね。

 

実は、選考の裏話をすると、味が良いのは、当然として

製造過程の品質管理や流通状況など、

プロ向けならではの厳しい審査がありました。

今回は、味はもちろん品質面の厳しい審査をパスしての選出です。

 

 

もちろん、当社の定番商品なので当社の販売サイトでも絶賛発売中。

1度試すと、感動するお米由来の甘さで大変好評をいただいています。

試飲をすると誰もが「お米だけの甘さがすごい!」と、驚きます。

一昔前は、甘酒と言えば、「初詣で熱い甘酒をいただく」というイメージがありました。

今は、夏は冷やして、冬は温めて 一年中飲める 発酵飲料として、

疲労回復や、栄養補給にとお求めになる方が 増えています。

 

ぜひ一度お試しください。

自信を持っておすすめします。

 

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより写真がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、雪が多いですね。

2019年02月12日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

今年は、雪が異様に多い気がするThe北海道ファームのある栗山町です。

ここ5年間で、一番雪の量が多い気がします。

天気予報では、曇りでも実際には降る。そんなパターンが多すぎです。

 

朝、出勤しようとすれば、だいたい毎日この状態。

車を掘りだして、自宅の敷地内を除雪して道路に出るまで小一時間。

自宅の敷地内も、だんだん除雪した雪山の高さが増してきました。

 

会社についても。

「あぁ いい景色だね」と思う訳ですが、

 

実際には、除雪しないと 仕事に支障をきたします。

除雪を しないと事務所前に 車を停める事すらできないです。

 

さらに 「にわとりの面倒を見ないとね」となるわけですが、

鶏舎までの道を確保するのも 一仕事。

 

時には、鶏舎の屋根の雪下ろしもしています。

なんだか、今年は、本当に雪が多いですね。

 

トラクターに、除雪機、そしてこんな作業道具も

色々な機械や道具を駆使して除雪をしていますが、

ちょっと今年は、大変です。

この写真で後ろの車庫と雪の感じを見ていただくと

どれだけ降って、除雪しているかなんとなく想像がつきませんか?

あと1か月は、この状態が続くわけで、早く暖かくなって欲しいですね。

せめて日中、プラスの気温になってくれれば、雪のカサが減るんですけどね。

 

それでも、まぁ今年は東京や千葉でも 雪が降っているそうなので、

「雪が多いのはココだけじゃない。東京も付き合ってくれているじゃないか」と

訳の分からない励ましをして、除雪の欠かせない日々を 過ごしています。

 

会社の行き帰りに いつもの通勤路でも

ホワイトアウトで、ぜんぜん前が見えないぞ!

という事態にもよく遭遇するので、

安全にも気を付けて冬を乗り切りたいと思っています。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

農業経営研修で勉強を

2019年02月07日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

今年は、雪が多く晴れが少ない冬ですね。

先日の、新聞の天気予報の欄は、この状態。

空知管内は、雪だるまマークが並んでいます。

「今日は、雪はやみません!」もはや、予報の意味が疑われるような天気予報。

除雪の段取りを 考えるには、必要な情報ですけどね。

 

そんな雪続きの栗山町ですが、勉強会にはもってこいなわけで。

栗山町農業振興公社の研修に参加してきました。

~ビジネスプラン作成研修~です。

「マーケティング」「財務」「ビジネスプラン概論」と、

およそ農業には、につかわしくないようなテキストタイトルが並んでいます。

 

農業研修と言うと、作物の作り方、土壌の性質などなど、

畑や田んぼで作るための研修が、数多くあります。

実際の農作業でも、そのようなテクニカルな課題に日々ぶち当たります。

農業のテクニカルな課題の克服は、いやでもやらなければいけません。

字Sつ才の農作業でも、毎日課題に対応し続けているようなものです。

 

しかし、農業のもう一つの顔は、そう、経営なんですね。

良い作物を作っても、売れて利益が出ない事には、経営が成り立ちません。

でも、「農家=良い作物を作る」というイメージが強固なので、

経営についての勉強は、後回しになりがちです。

 

新規就農の受け入れなども担当している栗山町農業振興公社は、

「良い作物を作る」と「農業経営をする」 言い方を変えれば

「職人」と「社長」、両方が農業には、必要だよと教えています。

両方の研修を 準備しています。

栗山町農業振興公社のサポートは、しっかりしていると思います。

 

今後とも、こういう研修を利用して、自分もしっかり勉強して

レベルアップを 測っていきたいものです。とにかく冬は、勉強です。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

 

冬のお米出荷

2019年02月04日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームの工場でお米の出荷を行いました。

集荷の日は、特に念入りに敷地内を 除雪します。

JR貨物での出荷なので、貨物列車用のコンテナを積んだトラックが

The北海道ファームまで集荷に来てくれます。

大きなトラックを工場の入口に絶妙に横付けしてくれるので いつも感心しています。

 

荷が汚れない様に、コンテナ内部にシートを

張って養生をしてくれる細やかな気づかい、助かります。

その後、出荷するお米約5トンを フォークリフトと手作業で積み込みます。

 

さぁ、千葉の物流センターに向けて出発です。

3泊4日で、千葉まで行く予定ですが、

天候に左右されるのが冬の北海道。無事についてくれるように見送ります。

 

冬の北海道は、天候が荒れると物流が乱れます。

吹雪いてくると、町中でも視界100m以下、徐行運転で渋滞中。

予定どうりに目的地に着かない事も良くあります。

 

郊外でも、地吹雪にあたると、進んでいく先が良く見えない。

対向車も、先行車も、ぜんぜん気配が分からない状態に。

 

僕らも、「今日は危ない。出かけるのをやめよう」なんて日が一冬に何日もあります。

荒天で視界が効かない中玉突き衝突の多重事故なんていうニュースが、

今年は特に目につくような気がします。怖いですね。

 

今年の荒天続きの冬でもでも、物流のプロの人たちは、

無事に荷がつくように頑張ってくれます。いつもありがとうございます。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

冬の大事な仕事中

2019年02月02日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

さて先週は、机の上の農作業を 進めていました。

お見せするのもお恥ずかしい、散らかった机。

何をしているのかと言うと、春からの作付計画の作成や

農業資材の選定、発注など作業の下準備です。

 

作付計画については、

「田んぼに作付けする品種は何か」

「畑に何を植えるのか」

「どのくらいの面積比率で割り振るか、そして田んぼや畑はどこにするか」

など、さまざまな条件を考慮しながら 何をどのくらいの面積で作るのかを 検討していきます。

 

ある程度、作付け計画が固まると、今度は使用する資材の選定を します。

資材は、どんな資材にするか。作付面積当たりで使う資材は、どれくらいか。

以前に使った資材の効果を見直して、使うのか使わないのか。

資材を変更するなら、どの資材に買えるのか。今、手持ちの資材はどれくらいあるのか。

 

特に新しく使おうという資材なら、どんな効果が見込めるのか、使い勝手は、どうなのか。

他の農家さんに使用した実感を聞いたり、農協さんに評判を聞いたり、

最近は、メーカーのHPも充実しているので、調べだすとキリがありません。

 

もちろん、費用の面も考慮して、安くて効果的な資材は、どれだろうとか。

良い資材だと、思ったら手持ちの機械では、使えないというパターンもあったり。

 

こういうことを、数十種の資材について検討していくので、結構時間が掛かります。

ただ、ここでミスをすると、実際の作業の効率が悪いとか、

資材が足りなくて作業がストップなんて事もおきるので、非常に大事な計画です。

何度も確認して、ああしよう、こうしようと、頭の中でシュミレーションを繰り返します。

 

そんな日は、朝から机の上で作業をしていると、時間がたつのが早いです。

お昼かなと、ふと外を見ようとすると、

外が見えないくらいに、吹雪が吹き付けてひどい事になっています。

こうなると、外出はあきらめて、ますます机上の作業に没頭するしかない状態。

吹雪が止んでくるまで、カンヅメ状態で計画作成に取り組みます。

 

で、やっと晴れてきたなという事で、外に出てみると、

事務所の前の道路が吹きだまりで通行不能になっています。

これは、家に帰るのも大変だなんてこともよくあるパターン。

 

今週で、おおよその計画と資材の発注にメドがつきました。

来週は、また別の課題もあるのでしばらくは、机上の作業が続きそうです。

 

まだしばらく除雪&机上の作業が続きそうです。

ラーメンでも食べて気合を入れて乗り切っていきましょう。

栗山町で行列ができる店と言えばラーメン大鵬。

時間をずらせば、並ばないパターンもありますね。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

トップページ → 農場ブログ