The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

北海道水芭蕉米とは?

豊かな自然で育まれる北海道水芭蕉米

稲の生育にとって大切な夏。北海道は、強い日差しで日中は30度を超える暑さでも朝夕は20度以下になる寒暖の差が大きな環境になります。

稲も植物ですから、その果実であるお米は寒暖の差を受けて甘みを増し大きく実を結びます。また、冬の厳しい寒さで多くの病害虫が越冬することができず、夏の冷涼さは、カビやウイルス由来の病気の発生を抑えることができます。その自然環境の恵みを生かしたクリーンなお米作りに取り組んでいます。

夕張山系の清流

おいしいお米作りの基本はなんといっても 清浄で豊富な水。北海道水芭蕉米をはぐくむ水は、絶滅危惧種のナキウサギやヒグマの暮らす大自然、夕張山系に端を発する水です。

その夕張山系の水は100年以上の歴史を誇る老舗の酒蔵も仕込み水として利用する名水です。北海道有数の厳寒の地で大量に降る雪が 春には豊富な雪解け水となりここ栗山町の水田地帯を潤します。

水芭蕉の湧水

栗山町風景
The北海道ファームの農場の裏山には、天然の水芭蕉の群生地が点在し、春にはその可憐な姿が農作業中の目を楽しませます。その水芭蕉に欠かすことができないのがトキト山の豊富な湧水群。水芭蕉の大群落をはぐくむ一方でThe北海道ファームの田んぼにも流れ込みおいしいお米作りに欠かせません。

そよぎのうたに なごみして むずぶ せせらの水芭蕉米

トップページ

→

水芭蕉米とは