The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

除雪と排雪

2015年02月02日

ほぼ雪が降らない温暖な千葉県の内房地区から北海道にきて1年目の冬。

雪国の暮らしは、人生初!なので初体験だらけです。

DSCF1986

これは、「除雪後」の道路の様子。路肩が雪山。

 

DSCF1987

こちらは「排雪後」の道路の様子です。広い。

 

そう、除雪というのは道路上の雪を路肩にどかして

道路が使えるようにすること。

排雪というのは、その路肩にどかした雪(人の背丈くらいの山!)を

雪捨て場等に運び出すことなんですね。

 

千葉にいた時は、除雪という感覚は多少ありましたが、

排雪という感覚は、想像の外でした。

ところが、北海道に住んでみると「排雪」の大事さが良く解りました。

路肩に雪山があると、交差点の視界が極端に悪く、

車の運転はしにくいし、歩いていても危険です。排雪大事ですね。

 

と、「除雪」「排雪」について考えると、これ莫大な予算がかかっています。

除雪用の車両や、人件費その他諸々・・・。ものすごい金額になりそう・・。

この経済的負担は、各自治体さん大変なものだと思います。

逆に温暖な地域の自治体さんは除雪予算がかからないわけで。

自治体の立地条件で大きく差が出る予算ですね。

雪国は住民に「除雪税」を課税するというわけにもいかないでしょうし。大変だ。

 

ちなみに、上の除雪の話は公道上のお話で私有地は完全に自己責任。

DSCF2002

The北海道ファームでも、倉庫や事務所周りはトラクターで除雪しています。

広くて、少々荒っぽくてもよいところでは、大活躍。

 

DSCF1994

軽トラックも、自前の排雪で酷使されています。

車庫の屋根から雪を落とすと、公道上に落ちます。

マナー的に自分の家の雪を公道に放置できないので、

写真の様に軽トラ排雪使用で敷地内に運んで捨てています。

 

雪国ならではの、除雪のマナーがいろいろあるそうで、

札幌の建てこんだ住宅街では、除雪でのご近所トラブルもあるみたいです。

 

「今年は雪が少ないから楽だよ」と、ご近所さんに色々教わりつつ、

初めての雪国の冬に、悪戦苦闘しています。

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ