The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

厳戒態勢を続けています

2017年03月21日

2016モンドセレクション金賞受賞の「北海道水芭蕉米」を作っている

The北海道ファームです。→詳しくはこちら

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

「日本一しあわせなにわとり」という事で

放牧型の養鶏に取り組んでいるThe北海道ファームです。

ここ数日、暖かくなり雪解けの季節をむかえていますが、

The北海道ファームの上空でも、白い悪魔と黒い悪魔が目撃されています。

 

今朝の出勤途中には、町内の雪解けが進んだ畑に降りてきて

一休みしている姿も見ることができました。。

 

そう、白い悪魔こと白鳥です。

 

The北海道ファームの栗原も、去年までは、

「白鳥が下りてくるなんて、自然が豊かだな~」とのんびり眺めていました。

 

しかし!今年は違います。

なぜなら、The北海道ファームは養鶏業だから・・・。

そう、この渡り鳥でとんでくる野鳥が、

高病原性鳥インフルエンザの原因となるからです!。

 

もし、もしですよ、あくまでも仮の話として、

The北海道ファームで鳥インフルエンザが出てしまうと、

飼育しているにわとりを 全羽殺処分・・・・・。

手塩にかけて育てたにわとりたち問答無用で殺処分。

 

さらに、半径10km以内の養鶏場も移動制限の処置に。

The北海道ファームの10km圏内には、いくつかの大規模養鶏場があるので

そういう皆さんに重大な迷惑を おかけしてしまう・・・。

 

これは、耐えられないほどヤバすぎる・・・。

そんな恐ろしい事態の原因になりかねないのが、

この時期、北海道を通過していく渡り鳥たちなんです。

 

そんなわけで、「白鳥は、白い悪魔」と言いたくなるわけです。

「The北海道ファームには、絶対に近づくな!」

日本語が通じるなら、白鳥に言ってやりたい気分です。

 

ということで厳戒態勢でThe北海道ファームの鶏舎を守っています。

The北海道ファームにわとり防衛軍です。

 

鶏舎に入るには、専用の作業服と作業靴に着替えます。

 

鶏舎の入り口も、網や扉で2重防御。

小動物や野鳥の進入を完全にブロック。

 

鶏舎に入ったら、一番危ないと言われる靴の裏や足元は

石灰や消毒液で何重にも消毒します。

 

実際には一年中この手順は厳守していますが、

この時期は特に念入りに 意識を高めて取り組んでいます。

 

所管の家畜衛生保健所などからの指導を厳守して

「絶対に鳥インフルを鶏舎に入れない」という思いで、

厳戒態勢でにわとりのお世話をしています。

渡り鳥のシーズンは、鳥インフルエンザの発生期なので、

かなり、ピリピリ緊張感がある時期です。

場外からの見学等も、この時期は申し訳ないお断りにしています。

 

早くこのシーズンが終わる用、祈っています。

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 厳戒態勢を続けています