The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

田植は、すすむ

2018年05月26日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

田植えを開始して6日目、ようやく終わりが見えてきました。

育苗用のハウスの中にあった苗も ずいぶん枚数が減ってきました。

今年は、農場が増えた関係で2か所で7棟のハウスを使い育苗をしてきました。

車で3分ほどの2か所で、大きさもバラバラな7棟のハウスを管理するのは、

結構、手間がかかりましたが、そんな苗のお世話も あと数日の予定です。

 

昨日から、今年初めて作る第2農場に 田植えの現場が移りました。

The北海道ファームの事務所から 車で3分程度の場所ですが、

実際に耕作してみると、土質がぜんぜん違うなど、色々と勉強になることが多いです。

近所の田んぼなので、「だいたい同じでしょう」と、思っていましたが、

全然そんなことは、ないですね。やっぱり農業は奥が深いですね。

 

それでも、田植え自体は、いいペースで進んでいくようで

苗を運ぶ係は、植え付ける田んぼが遠くなった分だけ、ひと手間増えます。

毎日休みなく田植えをしているので、そろそろ疲れがたまるころ。

安全運転で 苗を運ぶようお願いしています。

 

苗を運び出したハウスは、少しずつ片づけていきます。

通称シルバー(=苗の保温用シートです)を ハウスに干しています。

スタッフの林さんいわく 「現代アートで干している」 そうです。

風にはためくシルバーのシートが、その発するカサカサという音と相まって

独特の荘厳さを感じさせますね・・・・・。アートだ。

 

そうそう、最初に植えて約1週間たった田んぼは、こんな感じです。

きちんと、苗が田んぼに根を張って、少しづつ草丈も伸びています。

こうなってきたら、田んぼの除草剤の散布時期。

田植が終われば、除草剤ウィークの始まりです。

まだまだホッと一息とは、いかないThe北海道ファームの水田作業です。

 

~お知らせ~

現在のThe北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

農場ブログ

11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました
5/12
雨の日 読書1
5/10
代かき始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 田植は、すすむ