The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

草刈りは、身だしなみ

2018年06月19日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

6月の半ばになって、寒い日が多いThe北海道ファームです。

最低気温が9度!ひとけた台の日が続きました。

もう6月だというのに ストーブに火を付けてしまうという事態です。

 

田んぼの中で稲たちも寒そうにしています。

ビニールハウスで苗を育てている時期でも、

「稲の苗を10℃以下の温度にしないように」という目安があるくらいなのに

田んぼで、外気温が10℃以下、稲に良いわけがありません。

そうは、言ってもどうしようもないのが自然環境ですね。

 

そんな中でも元気なのが、いわゆる雑草。

定期的に雨が降るので、調子よく伸びてきます。

 

という事で、軽トラに草刈り機と噴霧器を積んで、

農場各所の除草作業にいそしむ日々。

あっちのアゼで草を刈り、こっちの農道には除草剤。

場所によって、使い分けながら草との戦いが始まりました。

だいたい9月頭まで、この草との戦いは続きます。

 

農家にとって草刈りや除草作業は、身だしなみに近いものがあって、

自分の農場を草だらけにしておくのは、「みっともない」「恥ずかしい」という感覚です。

「あいつら〇〇(作物の名)を作って失敗したぞ」と言われるよりも、

「あいつら、農場が草だらけだぞ」の方が、農家的には、きつ~い言われ様な気がします。

ある意味 人格否定的なニュアンスがあるような・・・・。

 

もちろん、草ヤブがあると害虫が発生しやすかったり、

害獣が潜んだり(特に養鶏の場合死活問題)するので、実害も大きいです。

 

The北海道ファームでは、今年から農場面積が大幅に増えましたが、

「あいつに畑を貸すと、草だらけにしてしまうぞ!」と、言われない様に

たとえ初挑戦の作物で失敗しようとも せめて草刈り作業だけは、

真面目にやって農場をきれいに保っていこうと思います。

 

「ご近所の 信頼感は 草刈りで」

農業あるある川柳に応募しようかな。

 

 

~お知らせ~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 草刈りは、身だしなみ