The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

冬のお米出荷

2019年02月04日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームの工場でお米の出荷を行いました。

集荷の日は、特に念入りに敷地内を 除雪します。

JR貨物での出荷なので、貨物列車用のコンテナを積んだトラックが

The北海道ファームまで集荷に来てくれます。

大きなトラックを工場の入口に絶妙に横付けしてくれるので いつも感心しています。

 

荷が汚れない様に、コンテナ内部にシートを

張って養生をしてくれる細やかな気づかい、助かります。

その後、出荷するお米約5トンを フォークリフトと手作業で積み込みます。

 

さぁ、千葉の物流センターに向けて出発です。

3泊4日で、千葉まで行く予定ですが、

天候に左右されるのが冬の北海道。無事についてくれるように見送ります。

 

冬の北海道は、天候が荒れると物流が乱れます。

吹雪いてくると、町中でも視界100m以下、徐行運転で渋滞中。

予定どうりに目的地に着かない事も良くあります。

 

郊外でも、地吹雪にあたると、進んでいく先が良く見えない。

対向車も、先行車も、ぜんぜん気配が分からない状態に。

 

僕らも、「今日は危ない。出かけるのをやめよう」なんて日が一冬に何日もあります。

荒天で視界が効かない中玉突き衝突の多重事故なんていうニュースが、

今年は特に目につくような気がします。怖いですね。

 

今年の荒天続きの冬でもでも、物流のプロの人たちは、

無事に荷がつくように頑張ってくれます。いつもありがとうございます。

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 冬のお米出荷