The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

冬の大事な仕事中

2019年02月02日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

さて先週は、机の上の農作業を 進めていました。

お見せするのもお恥ずかしい、散らかった机。

何をしているのかと言うと、春からの作付計画の作成や

農業資材の選定、発注など作業の下準備です。

 

作付計画については、

「田んぼに作付けする品種は何か」

「畑に何を植えるのか」

「どのくらいの面積比率で割り振るか、そして田んぼや畑はどこにするか」

など、さまざまな条件を考慮しながら 何をどのくらいの面積で作るのかを 検討していきます。

 

ある程度、作付け計画が固まると、今度は使用する資材の選定を します。

資材は、どんな資材にするか。作付面積当たりで使う資材は、どれくらいか。

以前に使った資材の効果を見直して、使うのか使わないのか。

資材を変更するなら、どの資材に買えるのか。今、手持ちの資材はどれくらいあるのか。

 

特に新しく使おうという資材なら、どんな効果が見込めるのか、使い勝手は、どうなのか。

他の農家さんに使用した実感を聞いたり、農協さんに評判を聞いたり、

最近は、メーカーのHPも充実しているので、調べだすとキリがありません。

 

もちろん、費用の面も考慮して、安くて効果的な資材は、どれだろうとか。

良い資材だと、思ったら手持ちの機械では、使えないというパターンもあったり。

 

こういうことを、数十種の資材について検討していくので、結構時間が掛かります。

ただ、ここでミスをすると、実際の作業の効率が悪いとか、

資材が足りなくて作業がストップなんて事もおきるので、非常に大事な計画です。

何度も確認して、ああしよう、こうしようと、頭の中でシュミレーションを繰り返します。

 

そんな日は、朝から机の上で作業をしていると、時間がたつのが早いです。

お昼かなと、ふと外を見ようとすると、

外が見えないくらいに、吹雪が吹き付けてひどい事になっています。

こうなると、外出はあきらめて、ますます机上の作業に没頭するしかない状態。

吹雪が止んでくるまで、カンヅメ状態で計画作成に取り組みます。

 

で、やっと晴れてきたなという事で、外に出てみると、

事務所の前の道路が吹きだまりで通行不能になっています。

これは、家に帰るのも大変だなんてこともよくあるパターン。

 

今週で、おおよその計画と資材の発注にメドがつきました。

来週は、また別の課題もあるのでしばらくは、机上の作業が続きそうです。

 

まだしばらく除雪&机上の作業が続きそうです。

ラーメンでも食べて気合を入れて乗り切っていきましょう。

栗山町で行列ができる店と言えばラーメン大鵬。

時間をずらせば、並ばないパターンもありますね。

 

 

~ご案内~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

大雪による物流の混乱で、お届けに時間を要す場合があります。

例 北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

遅れると プラス1日~2日かかることがあるようです。

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 冬の大事な仕事中