The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

種子の気持ち

2015年04月16日

THFの米づくりは、水稲の種子から育てているので種の準備も大切な仕事。

DSCF2385

種もみに水を吸わせるために、水槽の中に付けてあります。

水温10~11℃をKEEPで10日間です。

 

その後、秘伝のタレを作り、さらに1日浸けます。

DSCF2398

タレの正体は、これです。

DSCF2401

お酢の50倍液。

「微妙に食欲をそそる香りがする。寿司とか」といった方がいます。

確かにそんな気分になる香りがしました。

本当は、まじめな消毒の手段です。

 

DSCF2407

その後、お湯に種もみを入れます。

水温40くらいあるので、熱湯風呂です。

 

DSCF2409

風呂上りに、サウナ状態の催芽機に入れます。

室温30℃近辺で24時間。種もみの芽が出てくる・・・・・はずです。

ここで出てこないと、大変なことになるので緊張します。

 

DSCF2411

夜中も、何度か状態を確認します。

実はオンライン上でも温度確認できるようにしてあります。

(PCやタブレット、スマホならどこにいても温度の監視は可能です)

それでもどうも落ち着かなくて、見に来てしまいました。

 

無事に芽が出てほしいものです。

 

 

 

 

 

農場ブログ

2/21
コンテスト受賞米が貴重なわけ
2/17
新商品&おすすめです
2/16
雲の動きが見える空
2/15
ジモトート 栗山町版
2/13
凍り付く水 元気なにわとり
2/9
勘がイイ にわとり
2/5
1年がかり製品の試作
2/2
コンテナ出荷作業
1/29
1か月分まとめて雪
1/27
雪の仕返し
1/26
一晩30cmの雪
1/25
資材の選定
1/23
千葉に出張 おみやげ編
1/19
千葉へ出張 営業編
1/16
千葉へ出張 倉庫編

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 種子の気持ち