The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

研修3班 ~過酷な研修~

2015年10月03日

さて、稲刈りも終わりいよいよ秋の深まってきた感のあるThe北海道ファーム。

DSCF4045

遠く夕張岳には、山頂に積雪が見える日も。冬が近づいていますね。

 

そんな寒くなり始めた時期に千葉県の十全社からの農業研修第3班が来ました。

DSCF4058

作業開始前に記念写真。この時は元気・・・・。

 

で、稲刈りが終了してから来たので農作業内容は、田んぼからワラの搬出作業。

去年から取り組んでいる、おいしい米作り、土づくりには欠かせない大事な作業です。

※この解説は、また後日。

 

DSCF4059

広大な田んぼで水にぬれた重たいワラを拾って、

DSCF4060

車が入れる畔まで タンカ状の運搬具で人力で運びます。搬送。

片道 数十M いや100Mオーバーの距離も

DSCF4064

トラックに積んで、1作業終了。

DSCF4063

次のワラを拾いに行きます。

この作業を朝から1日、数十回、延々と繰り返します。

ええそうです。過酷な作業です。まさに十全社研修。

 

こんなに過酷になってしまったのには、わけがありまして。

DSCF4062

・豪雨で田んぼが水浸し。機械や車両を田んぼに入れられない。

・ワラも湿って重量UP。乾燥ワラの数十倍の重さです

・ワラを出すための機械の故障 (代替手段の手配が来週に)

などなど・・・・。

 

来秋には機械のほうも手配がついて順調に進んでいく予定ですが

せっかく研修に来ているのに何も作業しないのもNGですし、

機械が来るまでに、少しでもワラだしを進めておく方がよいわけで。

 

諸事情をかんがみての過酷な作業を行う研修3班。

実質1日半の人力ワラ出し作業でしたが、肉体的にも精神的にも超過酷。

研修1班2班と全く違う重労働。本当に大変だったと思います。

DSCF4066

昼食後の事務所内でも、全員ダウンの昼寝中。

ファームの専属スタッフH氏(緑矢印)だけは、元気にメール中ですが、、、。

 

人力でのワラだしの限界は1日1人で約1反。そんなデータも取れました。

つまりThe北海道ファームの田を人力でワラだしすると75人で1日作業。

現実的には、5人で毎日作業して1か月かかるという感じですか。うーん。

 

やっぱり機械は偉大だ!機械カムバック!機械早く来い!

 

なにはともあれ、研修3班お疲れ様でした。

農業の過酷さの一端に触れたことは、よい経験となることでしょう。

The北海道ファームに人事異動だけは嫌だとトラウマにならないと良いのですが。

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 研修3班 ~過酷な研修~