The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

ワラだし最終章

2015年10月24日

先日、ワラだし作業で酷使した小型運搬車が再起不能になりました。

DSCF4136

もともと本社の墓石工事で使用していた機械に写真のような

結構無茶な作業をさせたのが原因で、クラッチが全損・・・・。

さようなら運搬車。Dさんの愛車だったので、悲しそう・・・・。

 

で、前から検討していた運搬車を買いに行きました。

DSCF4170

中古フェア開催中のアルーダ士別。片道約170kmの買い付け旅。

 

DSCF4172

おっ!いいのがありますね。インターの古いトラクター。

手入れもきちんとされていますね~。

 

ではなくて、買い付けてきたのはこれ。

DSCF4173

クボタのコンバイン改造運搬車!お値段なんと6万円!

The北海道ファームの古いコンバインを改造して運搬車を作る案もありましたが

6万円で売っているなら、改造する手間を考えればおとくです。

もちろんノンクレームノンリターンですが、6万円なら1年で壊れても元が取れるかと。

 

で、さっそくワラだし作業に投入。

DSCF4179

おぉ!すばらしい!運搬能力!さすが機械!人力とはちがう。

一家に一台、運搬車。

 

十全社のスタッフから「最初から買って使えばよかったのに」という声が聞こえてきます。

いやいや、そうもいかないんです。はい。

最近、晴れが三日くらいつづいて田んぼが乾いてきたからこの機械を使えるんです。

DSCF4184

それでも、写真のようにキャタピラで田んぼに跡が残ります。

DSCF4185

カーブを切ると、こんな感じで田んぼの面を掘ったり、練ったりしてしまいます。

これが、田んぼの透排水性を落として米作りの障害になるんです。

 

そう、ですから皆さんが雨の合間を縫って作業した

DSCF4060

こんな作業や、

DSCF4148

こんな作業は、田んぼにとってはベストなんです。

そう、皆さんの苦労は必要な苦労です。

 

ただ、今に至ってようやく運搬車を入れたのは、明日から雪の予報が出ているから。

そう雪の中に春までワラロールを置いておくのは、よくない!との判断です。

ある意味、雪でゲームオーバーを前にしての苦肉の策。

 

まぁ、なんというか天気に振り回されつつ、試行錯誤の日々。

今年のワラだしは、本当にドラマチック。急展開が多すぎた・・・。

 

農場ブログ

4/29
農場直営店 営業中です。
12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → ワラだし最終章