The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

4月に雪 種もみ準備中

2018年04月07日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

稲作と養鶏で循環型農業に真面目に取り組んでいます。

 

「暖かい春でイイね」と、言っていたら

ここ数日寒い日が続いて、とうとう雪が降りました。

4月の雪ですね。

The北海道ファームのある北海道栗山町では、

何年かに1回は4月になってから雪が降ることがあります。

関東のイメージでは、入学式=桜というイメージがありますが、

北海道では、入学式=雪のイメージ なんでしょうかね?そうでもないか。

 

雪が降ると、心配なのが先日設置したビニールハウス。

薄く雪が載っている程度なので、ぜんぜん問題ないでしょう。

大量に雪が載ると、ビニールハウスがつぶれる可能性があるので

このぐらいの雪の量で勘弁してほしいものです。

 

外は、寒の戻りで寒い状況ですが、田植にむけて種もみの準備も始めています。

まずは、種もみを温湯消毒して水をすわせて、種もみの目を覚まします。

11~12度の水に浸けるわけですが、外気温は4℃位なので

水の方が暖かい状況を KEEPし続ける必要があります。

 

そこで、The北海道ファームで活用されているのが

サーモスタットとヒーターです。

この機械で水温を 測っていて水温が下がると自動的に

水中のヒーターのスイッチを入れて水を適正温度に保つ装置です。

もちろん、温度計でのチェックも欠かせませんが、この機械のおかげで

規定通りの正確な浸種(種もみを水に浸ける作業)ができます。

 

正確な種もみの管理は、高品質なお米作りの第一歩です。

種もみが無事に目を出すように気を使う日々が始まりました。

 

 

~お知らせ~

種もみの正確な管理もおいしさの秘密。

日本一おいしいお米コンテスト優秀金賞受賞のお米。

The北海道ファーム製品の全商品は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 4月に雪 種もみ準備中