The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

育苗ハウス まず1棟

2019年03月27日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

The北海道ファームの農作業いよいよ2019シーズンのスタートしました。

だんだん気分は、野良モード。外作業で走り回る感じになってきました。

 

まずは、水稲用のビニールハウスの準備から。

融雪剤を使いながら雪を溶かしたビニールハウスのハウスの骨組みに、

スソやハジと言われるビニールハウスのパーツを取り付けていきます。

他にも、バンドも約70本準備します。

 

下準備が、完成すると、いよいよメインの巨大ビニールを

ハウスにかけていきます。

当地で、比較的風がない時間帯の早朝5時、日の出からの作業です。

フォークリフトで、メインのビニールを運んできて、

 

ハウスの骨組みの上に 広げていきます。

幅約9m × 長さ約44m 巨大です。

重さも、30kg位はあるのでしょうか、結構重いシロモノです。

一人では、運ぶのも厳しいです。

これが、風にあおられると大きな事故になりかねないので、

風がやんでいる早朝に作業をしています。

 

骨組みの上にビニールを広げたら、バンドでビニールを固定して・・・

と、作業は進んだわけですが、画像がありません。

毎年1棟目は、作業手順を確認しながら、始めて作業するスタッフの教育をしながら、

何かとバタバタするので、画像を撮っていませんでしたね。

2棟目以降は、皆慣れてきて画像を撮る余裕も出てくるかと思います。

 

メインのビニールをかける事態は、1棟でだいたい1時間半、

その後、少し手直しをしたり、窓の開閉テストをしたり、

とりあえず1棟、メインのビニールがかかりました。

と、夕方画像を撮って、帰りましたが・・・・。

 

今朝 出勤するとこの状態。

念のため、同じ場所です。

朝方から雪が降っていました。見事に雪景色。

それほど大きい雪では、ない様なので、

ビニールハウスが、雪の重みでつぶれるという事はなさそうですが、やっぱり心配です。

何ができるわけでもないですが、様子を見に来てしまいました。

 

これは、今日はビニールかけの続きは、できそうにないですね。

他の準備作業を進めていきましょう。

しばらくは、ビニールハウスの設営作業で

天気や風に気をもむ日々が続きます。

今年は、大小合わせて8棟のハウスを準備するので、

あと1週間程度の作業予定です。

 

お知らせ1**********************************************************************

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより画像がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

お知らせ2***********************************************************************

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

北海道から関東圏は 通常2泊3日程度で到着します。

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 育苗ハウス まず1棟