The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

田んぼの手入れ

2019年10月09日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

「稲刈りが 終わりました」と、言うと今年の農作業が

終わったような印象ですが全然違います。

むしろ雪が降り始めるまでの期間でどれだけ作業ができるか

師走的な雰囲気で あわただしい日々が続いています。

 

倉庫中では、

乾燥機2台を稼働させ、モミ状態のお米の乾燥作業が進行中。

食味を良くするべく、乾燥手順にも 工夫をしているので

60~70トンくらいあるもみ付きのお米を、順に乾燥機に入れたり出したりしながら、

乾燥させモミの水分をさげていく作業です。

 

そんな作業と並行しながら、天気の状況と

田んぼの地面の状況を見つつ、田んぼの手入れ作業も進行中。

コンバインの結束機や、ご近所のワラをロール状にする機械など

いくつかの方法で、田んぼから稲わらを運び出しています。

稲わらの搬出は、田んぼの土の状態を向上させるために取り組んでいます。

もう何年も ワラを運び出しているので、田んぼの変化が実感できています。

 

ワラを運び出したら、さらにもう一つ。

トラクターでサブソイラという道具を引っ張って

田んぼの地面に 切り込みを入れていきます。

田んぼの排水性が向上します。

来年の春の雪どけ時期を見据えた作業です。

 

この作業の効果は、雨上がりの田んぼを見るとよくわかります。

昨日から大雨が降った 作業をしていない田んぼ。

水が溜まって 水田という感じですね。

 

サブソイラの溝切作業が終わっていた田んぼ。

水がほとんど溜まっていない。

同じ雨上がりで、こうも状況が変わってきます。

 

と、こんな感じで田んぼの手入れ作業も効果が実感できると

ますます手を抜くわけには、行かないなと思う訳です。

そうは言っても、地面が濡れている田んぼにトラクターを入れると

帰って田んぼを痛めるので、天気と相談。

田んぼの状況を 見極めながらの手入れ作業です。

 

実は、雨が多くてあまりはかどっていません・・・・・。

1週間ぐらい晴れが続いてくれることを 願っています。

 

お知らせ1**********************************************************************

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより画像がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/mizubashomai/

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

 

お知らせ2***********************************************************************

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

STVどさんこワイドさんでご紹介いただいた白いプリンのお取り寄せもできます。

ぜひご利用ください。

 

 

 

 

農場ブログ

11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました
5/12
雨の日 読書1
5/10
代かき始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 田んぼの手入れ