The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

雨の日 読書1

2020年05月12日

水芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

  

今年の春は、雨の日が多く作業の進行が遅れ気味です。

さらに新型コロナの件もあって、出かけることもできません。

そんな時には、たくさん本が読めますね。

農家の模範、二宮金次郎なみに仕事をしながら本を読むのは、

さすがに無理がありますが、雨の日くらいは、趣味の本を読みましょう。

  

ということで、先日読んだの本は、これ。

内澤旬子 「飼い喰い」です。

  

面白い。3品種3匹の豚を、子豚から成豚まで、育て上げて、

最後は、肉にして食べるところまで、作者自身が実践した体験記。

子豚から育て上げて、各豚の性格や育ち方の違いも感じながら

最後は、屠畜場で肉にしてもらい、料理として食べるまで

思いついても、なかなか実現できない取り組みをしています。

  

自分で育てて、自分で食べる、人と家畜の原点ともいえる関係性、

微妙な感情なども 書かれていて非常に面白いです。

「残酷」なんていう単純さではない、

豚に対する深い愛情を感じることができます。

自分で育てて、自分で食べる。究極の家畜愛とも言えます。

      

僕も養鶏に関わっていますし、

豚についても非常に興味を持って勉強したこともあります。

そのうち豚も飼ってみようか、なんて思っているので、

参考書的にも他にない良書です。これじゃ仕事の読書になってきますね。

  

実際に北海道のとある農家さんでは、この本のように、

家で豚を飼育して最後は、肉にしてと、面白い取り組みをしている人もいます。

 

自分も、そのうち1頭くらい飼ってみましょうか。

そんな気になる一冊です。 おすすめです。

  

  

お知らせ1**********************************************************************

The北海道ファーム インスタやっています。

ブログより画像がgood!のぞいてくださいね。

https://www.instagram.com/thehokkaidofarm/

↑ アカウント名が少し変わりました。ご注意ください。

水芭蕉 米(みずばしょう まい)が更新中?

お知らせ2***********************************************************************

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

米―1グランプリで決勝に進出したお米も販売しています。

ぜひご利用ください。

トップページ → 農場ブログ → 雨の日 読書1