The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

田んぼの手入れ 終了です。

2018年11月23日

芭蕉の咲く清らかな水で育てた「北海道水芭蕉米」と

安全安心な北海道産のエサで育てた「日本一しあわせなにわとりの玉子」を生産している

北海道栗山町のThe北海道ファーム、栗原です。

 

雪 ですね。

まぁ 毎年の事ですし、自然現象なのでどうしようもありませんが、雪ですね。

 

さて、すこし時系列が前後して雪前の事のなりますが、

田んぼの手入れを 駆け込みで終わらせることができました。

田んぼへ溝を 掘る。通称 秋の溝掘り作業です。

写真のような、深さ15cm、はば15cm程度の溝を 田んぼの中に掘っていきます。

掘った先は、田んぼから水を排出する排水溝へとつなげます。

 

先日、行った土中の排水管、暗渠(暗渠)への溝切にもつながります。

 

この田んぼの表面に排水溝を掘りつけることで、田んぼの排水性が向上します。

なぜ、排水性を向上させたいかと言うと、田んぼを早く乾かすためです。

 

そう、ご存じのようにここ北海道は豪雪地帯、冬は田んぼが分厚い雪に覆われます。

その雪が、春の気温の上昇で溶け始めた時、雪解けの時に

田んぼから 速やかに雪解け水が抜けていく事が 大事です。

雪どけ水の排水が早いと、当然田んぼの地面が早く乾燥します。

すると、トラクター作業が早くできる、乾土効果といって土中の状態が良くなる、

あるいは、土中で化学反応が起きて窒素分が発生するなどなど、効果があります。

 

専門的な事を省いて言うなら、「乾く田んぼは、いい田んぼ」という事です。

来春、The北海道ファームの田んぼがよいスタートを切れるように、

いま手入れをしているという訳です。

雪前に なんとか全田んぼに溝を掘ることができて良かったです。

 

 

なおこの作業、The北海道ファームの大ベテラントラクターが活躍します。

http://www.tractordata.com/

というトラクターマニア向けのHPによると1978~1985まで作られたトラクターです。

昭和でいうと昭和53年から昭和60年 ほぼ40年前のトラクターですね。

自動車なら、なかなか走っているのを見かけない年代ですが、

トラクターでは、まだまだ現役でがんばっています。

 

 

~お知らせ~

The北海道ファーム製品の購入は、こちらから。

http://shop.thehokkaido-farm.co.jp/

どうぞ、ご覧ください。

米ー1グランプリに出品したお米を 販売します。

詳しくは、お問い合わせください。

 

 

 

 

農場ブログ

12/31
ご挨拶
12/14
鶏舎も冬になりました
11/27
道産(ほぼ)100%の鶏のエサです
11/17
米工場はじめました
11/11
初雪で大雪
11/9
SHOPの片付け
11/5
新米!ほぼ初出荷。
11/2
THF-SHOP 今季営業終了
7/26
新メニュー!JIMOパフェ!3種類!
7/13
雨の日 読書2
7/9
The北海道ファーム SHOP オープン
6/20
慌ただしい6月です
6/6
北海道じゃらん6月号 掲載
5/19
いざ!田植え
5/16
しろかき2回目始めました

年別アーカイブ

トップページ → 農場ブログ → 田んぼの手入れ 終了です。