The北海道ファーム
menu

The北海道ファーム

農場ブログ

一番ハードな作業に思えてきた・・。

2014年07月17日

田んぼの中干しをしています。

その水を切った田んぼで、溝切作業をしています。

これが、かなりのハードワーク。倒れる。

DSCF0451

田んぼの中を、溝切機を走らせながら歩いていきます。

振り返れば、こんなみぞ。

DSCF0454

ここから、水が流れて排水性が向上するわけです。

ただし、その効果が見られるのは8月後半から。

今時期は、単に溝切作業をしておくだけ。

DSCF0447

作業自体は単純ですが、この片道100Mはあろうかという田を

機械を押しながら足が潜る泥の中を延々と進んでいきます。

5Mに1本程度、溝を切りたいので行ったり来たりを繰り返し。

その歩き続ける総延長は何kmになるんだろうか?

気温30℃、炎天下の直射日光を受けながらの果てしない道程。

千葉よりはまだ気候が良いとはいえ、まさに苦行。

 

この作業で唯一、即効果が出るのが作業者の体重・・・。

痩せます。ダイエットにうってつけ。H社員どうですか。

 

こんなに大変な作業をしている以上、美味しいお米が取れないと困る。

と、人間の都合は稲には通じないでしょうね。

 

ヘリコプター登場!

2014年07月17日

昨日(16日)、The北海道ファームの田んぼ上空にヘリコプターが登場しました。

DSCF0458

農薬散布用のラジコンヘリコプターです。

ラジコンとはいえ、2m超、巨大なエンジンヘリです。

 

DSCF0456

見事な腕前で、あっという間に散布していきます。

年間3回の予定で申し込んでいるまず1回目という事で、殺菌剤殺虫剤の散布です。

 

まじかで見るのは初めてなので、興味深く拝見しました。

もちろん、危険なので遠くから邪魔にならないように、見ていました。

去年は、千葉で事故もあった無人ヘリ。何事も安全第一ですね。

 

隣接の農地の方に迷惑をおかけしないように、

防除もしっかりしていかないといけませんね。

まず、近隣にご迷惑をかけないことは、基本です。

 

アリとキリギリスか。

2014年07月14日

田んぼの中干しの溝切作業をしたいところですが、どうも曇りがちで

田んぼが乾いてこないので、田んぼからの水抜け待ち状態です。

水が抜けて、田の外側がややひび割れぐらいになったら開始という事で

今日は、無理そうです。田によって水抜けしやすさ、稲の育ち具合も違うので

指導役と相談しながらですが、天気はどうにもなりませんね。

 

という事で、農業ではない別の作業。

DSCF0413

当農場の一角にあるクラシックな倉庫。いい感じです。

老朽化が激しく残念ながら、農場施設整備の際解体されそうな建物です。

直して使いたいくらいですが、サイズも小さく使い勝手も悪いので・・。

 

そこで、中身の整理をします。

DSCF0403

と、言ってもほとんどの不用品は前の持ち主の方が処分しているので

「マキに使えば」と言って残していただいた木材が大半です。

 

そこで、手が空いている時間を利用してマキにしていきます。

DSCF0415

「Theマキ割り」の図。斧・・・。マキ割りも大変・・・。

ロッキー並みにチャンピオンを目指して

薪割りトレーニングをしたい人募集中です。もちろん無料です。

 

 

DSCF0414

実際は、丸鋸で切っていきます。ひ弱なもので・・。

マキにしやすい30~40cm位に切っていきます。

たまに、気分で斧で割ってみたりもしますが、丸鋸だけでも用は足りる作業です。

切ったものは、1トンサイズのフレコンに入れ、いつでもまとめて移動できるようにしておきます。

 

暑い夏に汗だくになりつつ、冬に備えてのマキ作り。

まさにリアルな「アリとキリギリス」状態。冬の備えは、万全に。

 

DSCF0411

ついでに、農場のマキストーブを試運転してみたら、暑かった・・。

 

※農場は旧家なのでマキストーブが設置されていますが(ノルウェー製!)、

現実的には、家などは灯油のストーブで暖房をしています。

本社から来るスタッフが、マキストーブを喜ぶので準備しているだけかも。

 

 

 

田の水抜きを始めました

2014年07月11日

DSCF0410

田の中干しという事で、水を抜き始めました。

3~4日水抜きをして、その後溝切作業の予定です。

もちろん平年より10日近くはやい展開だそうです。

田植え時期や品種により、生育にずれもあるので全部ではないですが、

明日も順次、水を抜いていきます。

 

DSCF0408

暗渠を開けるとこの水色。原因は地下水、湧水です。

湧水がわいている田んぼだけ、このような水が…。すごい色。

白いTシャツを染めてみるといい味が出るかもしれない・・。天然の泥染めmade in THF。

 

というように作業は、やや小康状態ですが、その分書類の仕事をしています。

なにせ、1年目の法人なのでいろいろと申請や手続きの書類があるもので。

JAそらち南 http://www.ja-sorachiminami.or.jp/ の担当の方や

栗山町 http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/  の担当の方

栗山町農業委員会 の担当の方など皆様にアドバイスいただいて何とか取り組んでいます。

農業は、いろんなかたの協力あってこそという事を日々感じます。

早く、恩返しができるようになりたいものですね。

 

 

答え&景品の発送

2014年07月10日

 

DSCF0406

怪しげな、厚みがある雲が農場がある栗山町の上空を覆っています。

田んぼの見回り中、本社から「見回りもよいが、用水路に流されないように」と指示がきました。

今回の台風でも、すでに用水路に流されたニュースがあるようです。

しかし、普通怖くて流れの増した用水路には近づかないとおもいますが、

いつか、魔がさす時が来るんでしょうか。それとも何かに呼ばれるとか。

 

 

~十全社向けクイズのコーナー~

問題は、省略、前回記事参照です。

A Sさん「ニカメイガ」。マニアックな答え。

多分発生していません。というより自分が認識していない害虫でした。

 

A Sさん 「気温が関係している」。原因の指摘です。

そうなんですが、現象を答えてほしいのです。

 

A 企画室「稲刈り時期?」

写真の稲はこのままいくと八月お盆には稲刈りと冗談は言いますが・・・。

 

A 企画室「手が」

栗原の手が日焼けしすぎて黒い。たしかに紫外線の弊害が問題で・・。

ある意味、正解にしたい所ですが。

 

どうも、路線が大喜利傾向になってきたのでこの辺で答えを

DSCF0387

赤い丸の部分「早期異常出穂」です。

「この時期に、稲穂が出ている」とい事です。

北海道の水稲栽培で、この時期に穂が出てしまうと中身が入らない稲穂になります。

時期的に早すぎるんですね。育苗ハウスでの苗への過剰加温が主原因と推測されます。

※もちろんすべての水稲で出ているわけではなく、極一部での現象です。

 

というわけでクイズコーナーは終了です。

ズバリの正解者がでなかったため、

農産品は日頃お世話になっている十全社みなさんに贈りました。

栗山町名産のキングメロン生産農場からメロン10玉!

なんて豪華な賞品でしょう!もちろん栗原自腹!

生産農場から、十全社統括本部あてに本日発送しました。

明後日くらいに届くと思います。ほぼ食べごろ到着です。

クイズの回答にかかわりなく分配は、力づくで適当にお願いします。

メロン10玉が、どの部署にいくつ行くか、非常に興味深い・・・。

大人げないケンカになった場合は、申し訳ないのでコッソリ追加します。

 

栽培方法に特色のある非常に美味しいメロンですので追加注文は、直接農園へ。

土門農園 http://www.tsuchikado.com/index.html 

あるいは、栗原にご相談ください。

 

 

 

 

 

十全社の方向けクイズコーナー。

2014年07月08日

昨日、思いつきで始めたこのコーナー。

 

~突然ですが十全社の人向けクイズコーナー~

Q (下の写真について)何がまずいのでしょうか?その理由も合わせてお答えください。

※初めに正解した方に、何か地元の農産品を送ります。

なお、回答は社内メールでお願いします。

DSCF0387

 

という、クイズでしたが、ただいままでに寄せられた回答をご紹介します

(Sさん)

ごまは枯病 渋い回答、でもこの写真では判らないはず。

いうより、写真以外でも当農場では確認していません・・・。

(Sさん)

いもち病 有名どころですね、でもこの写真では判らないないはず。

同じく、写真以外でも当農場では確認していません。

 

以上2回答については、残念というところ。

もし、今後当農場で確認されたら予知能力ですね。

もちろん、防除も取り組んでいます。発生の可能性を減らすのが仕事なもので。

 

(Mさん)

どろんこ虫の被害。さすが「農家のついでに十全社」の回答。

いいところをついてきました。ほとんど正解。いや正解以上かも。

DSCF0397

クイズの画像には、どろんこ虫(イネドロオイムシ)は写りこんでいないと思いますが、

上の写真の様に一部の田でその存在が確認されています。ある意味正解。よく判りましたね。

※指導役と協議して対応中ですのでご心配なく。

さすが農家。時期的なものを考慮しての、好回答。素晴らしい。

ただ、あくまでもクイズ画像からという点では、不正解にしないといけないのかなと。

 

さぁ、まだズバリと正解は出ていないという事で、引き続き回答募集中。

大ヒント 北海道稲作でのことですが、千葉でも今なら問題ありです。

再回答も可能です。農家兼十全社の方、腕の見せ所です。

 

 

近日の活動報告をまとめて。

2014年07月07日

最近は日中暑い日が続きます。

気温で28℃くらい、快晴です。湿度が低いせいか意外に野外で仕事ができますが、

気が付かないうちに熱が体にこもるので、実は危険かもしれません。

DSCF0401

雨が降らないせいで、育苗ハウスに撒いた緑肥もなかなか発芽~成長になりません。

 

引き続きペンキ作業。塗る前と後で、レールの状態が変わりますね。

DSCF0379

干ばつ気候は、ペンキ塗りにはいい天気です。乾燥が早い。

あ、肉体的にはきついですが・・・。あくまで作業優先。

 

これは、ハウスのビニールや肥料袋。

DSCF0395

トラックに積み込んで処分しに行きます。年に2回の回収なので捨て忘れ無いように・・・。

すいません、ありました。・・百姓の来年で・・・。

 

みまわり作業は、日課です。まじめに歩いてみてまわると、

2時間オーバーのウォーキング状態。相変わらず、広いぞ田んぼ。

DSCF0387

こうやって確認すると、「まずい・・・。」これはもしや・・・。

 

~突然ですが十全社の人向けクイズコーナー~

Q 何がまずいのでしょうか?その理由も合わせてお答えください。

※初めに正解した方に、何か地元の農産品を送ります。

なお、回答は社内メールでお願いします。

 

 

 

手入れが大切。何事も。

2014年07月03日

午前中、田の観察を指導役と。う~ん。少々問題かもとのこと。

どうも気候がおかしいので、成長しすぎている稲があります。

 

気を取り直して、作業を進めます。

DSCF0372

トラックで、黒土を買いに行って補充しました。

 

DSCF0374

育苗ハウスの中で使用していた、散水シャトル用のレールに塗装をしています。

ハウス内なので、水もかかるし、シャトルが走る部分は車輪が当たるので金属地肌が出てきます。

保管中に、錆が浮くので塗装作業は欠かせません。

使用備品を手入れして長く使う事で経費が節減できるという事は、経営の基本。

農業も、葬祭業も変わりません。

4分の1くらい塗装できたかな。明日も引き続き塗装を進める予定です。

 

本当に、やると良い作業が沢山ありなかなか休みになりません。

一切無視して休んでしまえばいいようですが、なかなかね・・・。

 

~今日のゲストを紹介~

DSCF0373

塗装作業をしていたら、目の前の植え込みを進んでいきました。

体長1Mオーバー。悠然としたもので。

どこかの岸●さんの様に、素手でとらえて振り回して

投げすてるなんてことは、自分には無理。

 

水位調整がポイントなわけで。

2014年07月02日

今日もあぜ道を歩いていきます。

DSCF0358

稲の成長段階に合わせて水位を調整するわけですが、ここから水位を徐々に上げる段階です。

もちろん指導役の指導の下進めているわけですが、自分なりにも取り組んでいきます。

このような、排水装置の状態を調整したり、畔からの水漏れを確認したり、

毎日見ていても、見たりないような気持ちです。

 

そういえば、今日は変わったものを発見しました。

DSCF0361

なにか、ベリーのような実が枯れ草の上にまとまっておいてありました。

人間の仕業ではないですし、昨日は無かったような。なにかの動物の仕業でしょうか?解りません。

 

 

夕方からは、昨日に続き町内ソフトボール大会、今日は3位決定戦。

DSCF0363

両翼98M、センター122M、天然芝の町民球場。

素人目線ではプロ野球みたい・・・。

DSCF0364

ベンチもこんな感じ。

自分には、あまりにも不釣り合いな豪華球場が今日の舞台です。

GetAttachment

照明も入り、いいかんじにナイターです。

試合結果は、まぁそんな感じです。4位に入賞ということでね。

 

麦の消毒に挑戦。

2014年07月01日

麦畑の消毒作業に初挑戦しました。

DSCF0345

写真は、指導役の姿ですが。

 

やはり、何をするにもトラクターと機械が必須ですね。

トラクターから両脇伸びた竿から、下向きに薬剤が噴霧される装置です。

これが、なかなか難しい。特にコース取りに四苦八苦。

 

幅15M位で散布して進んでいきますが、

当然一筆書き、かつ、散布漏れがないように進みます。

畑が真四角ならあまり苦労はないと思いますが、あいにく変形畑もあります。

 

どういうコース取りが一番無駄が無いか、脳トレなみに考えます。

ちなみに、麦を踏んで進んでいくので無駄な走りは麦の被害を増やします。

まぁ、結局は、難しい変形畑は指導役が走りますが、そのコース取りはさすがの一言。

 

 

夕方からは、町内ソフトボール大会へ。

わが旭台チームは、予選リーグを2位通過で決勝トーナメント進出なのです。

残念ながら、今日は惜敗し明日の3位決定戦へ臨むこととなりました。

相手チームのピッチャーが、明らかに経験者。

打線の不調が敗因でしょうか。

すいません。僕も2打席0安打。打率0割・・・。

 

トップページ → 農場ブログ